登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同新年賀詞交歓会を都内で開催し、「業界の希望となっている登録あるいは届出制度の導入について3省庁が初めて会合を持ち、当連合会がヒアリングを受けた」とあいさつ。業界健全化への登録制度導入の必要性を強調した。今年6月には同連盟が会長を担う国際葬儀連盟の世界大会が開催される予定。全葬連自体の創立65周年にもあたっており、「節目の年、改めて社会貢献の気持ちを醸成させていきたい」呼びかけた。

全葬連石井時明会長

あいさつする石井時明全葬連会長(21日、ホテルインターコンチネンタル東京ベイにて)

全葬連と政治連盟合同の賀詞交換会は毎年開催されているもので、今年も会場には20人を超える国会議員が参加した。あいさつに立った石井会長は、今年6月に横浜で開かれる国際葬儀連盟世界大会の意義と重要性を説明した上で、業界健全化活動の一環とする「登録制度」あるいは「届出制度」導入の必要性を強調。全葬連の要請をもとに、1月17日に経済産業省、厚労省、消費者庁の3省庁から現状の業界実態についてヒアリングを受けたことを明らかにした。

石井会長は、「登録あるいは届出制度の導入を我々は強く要望してきた。現在、葬祭業には参入規制はなく、異業種参入も目立ち、結果的に消費者被害が拡大する傾向となっている」として、登録制度などの重要性を指摘した。「人を弔う気持ちを大切にする当連合会活動を通して、社会に貢献する活動を展開していきたい」と述べ、節目となる今年には従来以上の多面的な事業展開への可能性を示唆した。

経産省によると3省庁連携した全葬連のヒアリングは、エンバーミングなどの衛生面、契約面などに関する葬儀関連消費者トラブルの実態を把握し、現行法の運用で対応できるかどうかについて情報交流する場として設定したという。第1回目のヒアリング対象事業者団体が全葬連。2回目以降、他団体も対象にしていくとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 大阪
    大阪府は3月31日、今年4月からの5年間に渡る「第2期大阪府消費者基本計画」を策定し、公表した。2年...
  2. 英国の消費者団体Which?
    新型コロナウイルスの感染拡大とともに売り切れ状態になったスチームクリーナーについて、英国の消費者団体...
  3. 英国の消費者団体Which?
    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  4. フランス消費者同盟
    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  5. エシカル通信簿結果発表会
    消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(京都市)は3月17日、毎年恒例となった第4回「企業の...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-6

    【英国】スチームクリーナーでウイルス対策「理論上有効」

    新型コロナウイルスの感染拡大とともに売り切れ状態になったスチームクリーナーについて、英国の消費者団体...
  2. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-3

    【英国】自宅待機中はアレクサ活用を 子どもの遊び相手にも

    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  3. フランス消費者同盟

    2020-4-3

    【欧州】プリンター、外出制限後に価格上昇 許可書の印字で

    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  4. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  5. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
ページ上部へ戻る