【豪州】高単価のホテル広告を優先表示 トリバゴの違法性を認定


宿泊予約サイト世界大手のトリバゴ(Trivago、ドイツ)が高い単価を支払うホテルの広告を優先的に表示するアルゴリズムを使っていた問題で、豪連邦裁判所は1月21日、消費者法に違反するとの判断を下した。

18年8月23日に同社を提訴したオーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は「最も安いホテルが表示されると信じていた消費者をだます行為だ」とのコメントを出した。こうした広告手法を使う場合は、消費者に事前に分かりやすく知らせる必要があるとしている。

ACCCによると、トリバゴの売り上げの柱はホテルが支払うクリック型広告課金。同社は少なくとも2016年12月から、収益性の高い広告を目立つ位置に表示させたりするアルゴリズムを使い、消費者に誤解を与えてきたという。裁判所の判断を受け、ロッド・シムズ委員長は「トリバゴの行為は悪質。公正で透明性のある価格比較ができると信じて利用してきた消費者をだました」とするコメントを発表した。

連邦裁判所はトリバゴの違法行為は18年7月2日まで続いたと指摘。今後、罰金や表示の差し止めなどの和解案を審理する。ACCCは数百万ドル(100万豪ドルはおよそ7500万円)の和解金を求めるとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. sns
    1月25日、消費者庁の「デジタル・プラットフォーム企業介在取引検討会」が開かれ、消費者被害防止などのc
  2. 消費者庁
    立憲民主党と社民党の消費者問題特別委員会に所属する野党国会議員5人が 1月22日、井上信治消費者担当c
  3. エアーベッドからの転落
    電動ポンプを内蔵した「エアーベッド」の空気漏れに関する相談が近年急増し、転落してけがを負う事故も起きc
  4. 電話相談
    愛知、岐阜、三重と名古屋の4県市は1月22日、ガス検針票による消費者ホットライン「188(いやや)」c
  5. 防水スプレー
    靴や傘などに使う防水スプレーの吸入事故が増加している問題で、使用者の約13%が危害やヒヤリハットを経c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る