【米国】ルーターの安全性に格差 攻撃受けても遮断しない製品も

米消費者情報誌コンシューマー・リポートがルーター29台を対象としたセキュリティ試験を行った結果、安全性能の低い製品が流通していることがわかった。同誌は「ルーターは家庭内の接続デバイスの入り口の機能を果たす製品。使用している製品がどれほど脆弱かを消費者は知っておく必要がある」と指摘している。

試験結果によると29台のうち11台は短いパスワードや単純なパスワード(12345978など)でも使用が可能だった。また、20台は複数回ログインに失敗しても、それを遮断せず、ハッカーの侵入を許すおそれがあった。さらに11台はアップデートを自動更新せず、ユーザーが確認して更新しなければならない仕様となっていた。一方、少数台のルーターは強固な安全性能を持っており、同誌は「この試験結果は重要な意味を持つ。安全性能を高める改善策が示された」とコメントした。

今回の試験は、コンシューマー・リポートが新たに設立したデジタルラボの初仕事となる。この研究所は地域密着型情報サイト創業者、Craig Newmark氏による600万ドル(約6億3000万円)もの寄付をもとに立ち上げたもので、デジタル分野における消費者問題に対処する最新鋭設備となる。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 非純正バッテリーから発火する中古ノートパソコン
    知人から譲り受けたり、リユースショップで入手したりした中古品による火災や誤使用事故が多発していること...
  2. カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は9月23日、乗用車とピックアップトラック(小型の乗用トラ...
  3. 第48回豊島区消費生活展
    新型コロナ対策で多くの自治体が秋の消費生活展の中止やリモート化を決定する中、東京都豊島区では9月18...
  4. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は9月21日、賃貸物件や宿泊施設に関する詐欺が横行し、今...
  5. 東レ「水を纏う」Tシャツ
    東レは水で濡らして冷却効果を得る高機能Tシャツをクラウドファンディングで販売している。9月10日から...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る