家具転倒でイケアが和解 遺族が消費者団体に100万ドル寄付

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

リコール中のたんすが転倒して米カリフォルニア州の2歳男児が死亡した事故をめぐり、遺族の弁護士は1月6日、スウェーデンの家具小売り大手イケアが4600万ドル(約49億6000万円)を支払うことで和解したと発表した。子どもの不法死亡訴訟としては米国史上最高額だという。遺族は訴訟を支援してきたKids in Danger、コンシューマー・リポート、アメリカ消費者連合(CFA)の消費者3団体に100万ドル(約1億800万円)を寄付することを表明した。

イケアは2016年6月、安定性に問題があり、壁に適切に固定しないと倒れる恐れがあるとして、人気商品の「MALM」シリーズを含むたんす2900万個のリコールを発表。リコール発表までに6人の子どもの死亡事例が報告されていた。

今回の訴訟は、リコール着手後の2017年5月に起きた事故をめぐるもの。カリフォルニア州で2歳男児がたんすの下敷きになり、首を負傷して窒息死した。弁護士の発表や報道などによると、両親は2008年に低価格のイケア製たんすを購入。リコール対象製品だったことや死亡事故の危険性があることを知らずに使用を続けていた。両親はイケアからの連絡メールが届いていなかったと語り、ケーブルテレビを契約していないため関連ニュースも見ていなかったと主張。遺族の弁護士は「イケアはたんすの所有者に効果的な警告を発していなかった」と指摘した。

リコール対応の遅れは当時から消費者団体が指摘しており、CFAなどは2017年1月、改修率が3%にとどまっているとして同社に対策を求めていた。

訴訟では和解金の支払いに加えて、事故防止策が盛り込まれた。イケアはたんすの安定性基準を要求している擁護団体Parents Against Tip-oversとの意見交換やSNSを活用した所有者への情報提供の拡大に取り組むことを約束し、遺族は家具転倒事故に警鐘を鳴らし続けてきた消費者3団体に総額100万ドルの寄付を表明した。

コンシューマー・リポートのマルタ・テラードCEO兼代表は「遺族からの寄付に感謝する。家具の安定性テストの実施や厳格な安全基準を求める運動に役立てていく」とするコメントを発表。今なお数百万人が問題のたんすを使い続けているとして、「イケアのリコール案件を警告し続け、これ以上悲劇が起きないようにしていく」と強調した。

販売から10年以上が経過する製品が含まれることなどから、リコールは難航している模様。イケア広報はリコール済み製品が約140万個にとどまることを明らかにしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    SNSや動画投稿サイトでキッズインフルエンサーが人気を集める中、米連邦取引委員会(FTC)は10月にc
  2. 塩
    千葉市は昨年度に始めた食品各社との減塩に関する普及啓発事業について、今年度も締結先を拡大して継続実施c
  3. 炭酸飲料
    英政府は5月14日、肥満対策として打ち出した「不健康な食品の取引・広告に関する規制」について、一部延c
  4. イベント
    日本ヒーブ協議会は4月15日、今年度定時総会と記念講演会を開催、今後の活動方針を決めた。総会では代表c
  5. U.S. PIRG
    ◎GAPやPVHが段階的廃止を表明 環境中で分解されにくいことから「永遠の化学物質」と呼ばれるPFc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る