【米国】加工肉の「硝酸塩無添加」表示は誤解招く 使用禁止を

食品政策を監視する非営利団体、公益科学センター(CSPI)と消費者情報誌コンシューマー・リポートはこのほど、米農務省に対し、「Uncured(保存処理していない)」や「No Nitrate or Nitrite Added(硝酸塩・亜硝酸塩無添加)」といった表示を加工肉に使用しないよう求める嘆願書を提出した。これらの表示は誤解を招きやすく、より健康的であるとの誤った印象を消費者に与えると指摘している。

コンシューマー・リポートが鶏肉やハム、ローストビーフ、サラミなどの加工肉31商品を調べたところ、「Uncured」や「No Nitrate or Nitrite Added」の表示のあった商品から通常の加工肉と同じレベルの硝酸塩などが検出された。

実はこうした表示のある加工肉には、硝酸塩を含有するセロリなどの野菜粉末が代替原料として使われていて、無添加表示の説明として「天然由来成分を除く」と小さな文字で記載されている。コンシューマー・リポートのシャーロット・ヴァレイズ氏は「硝酸塩無添加の表示のある加工肉は健康的なイメージを与えるが、実際の健康リスクは通常の加工肉と本質的に同じだ」と説明。こうした表示は硝酸塩を避けたいと考える消費者を誤解させると指摘した。

テストした加工肉の硝酸塩・亜硝酸塩のレベルは基準を下回っていたものの、CSPIのSarah Sorscher氏は「消費者の混乱を終わらせるために、こうした表示を使用禁止にすべきだ」と主張している。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  2. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  3. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...
  4. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  5. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る