【米国】ハリケーン・ドリアンは気候変動が主因 報道姿勢を非難

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

バハマで壊滅的な被害をもたらし、米東海岸を北上した最強クラスのハリケーン「ドリアン」について、米非営利団体パブリック・シチズンは「主要メディアが気候変動と結び付けて報道しなかった」と批判した。

研究者によると、地球温暖化により、ハリケーンは急速に勢力を増すようになり、降雨量はより多くなり、速度が遅くなる傾向があるという。今回のドリアンはこれらの特徴がすべて当てはまり、同団体は「科学者の警告を例証するハリケーンだ」と指摘した。

パブリック・シチズンが9月2日までの3日間における主要メディアのニュース167本を調べたところ、ドリアンを気候変動もしくは気球温暖化と結び付けて報道した事例は全体のわずか7.2%。49の大手新聞では、32紙がドリアンを報じたが、気候変動と絡めた記事は8紙のみにとどまった。

パブリック・シチズンは昨年の大型ハリケーン「フローレンス」と「マイケル」の米国上陸時にも調査を行っており、今回の調査結果は昨年と同じ傾向だった。団体は「科学者の警告について言及しなければ、自然災害がもたらす大惨事に対処できない」と指摘している。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. Fructis de Garnier
    化粧品大手ロレアル(フランス)が欧州で昨年1月から販売する「Fructis de Garnier」ブc
  2. ソフトバンク光解約
    ソフトバンクの光回線サービス「SoftBank光」の解約を契約満了月の月末近くに申し出た場合、手続きc
  3. amazon
    米国の3月の消費者物価指数(CPI)が前月比で0.6%と急上昇したことを受け、消費者団体コンシューマc
  4. 景品表示法に違反するあやしい広告を高校生と大学生が監視する2020年度埼玉県不当表示広告調査の結果がc
  5. 日本生協連二村睦子常務執行役員
    全国120の地域生協の2020年度供給高(いわゆる売上高)が前年比11.8%増の3兆683億円になりc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る