【豪州】アルカリ性ダイエットは単なるブーム 科学的根拠なし

豪州の消費者団体CHOICEは1月3日、SNSなどで話題になっているアルカリ性ダイエットの効果を検証する記事を掲載した。このダイエットは酸性食品(肉や乳製品など)を取らない食事療法だが、同団体は「一部の医師など多くの人がメリットを強調しているが、栄養学の専門家は単なるブーム(一過性の流行)とみているようだ」としている。

アルカリ性ダイエットはアルカリ性食品で作ったメニューを食べるという食事療法。シェフや代替療法士、医師の一部が推奨しており、がん予防や治癒にも効果的だと主張する人も現れているという。

しかし、オーストラリア栄養士協会(DAA)のラニー・マグリス氏は「このダイエットは三つの大事な食品群(肉、魚、鶏肉、卵、穀物、乳製品)を摂取しない食事療法。本質的には穀物を制限したビーガンダイエットだ」と指摘した。アルカリ性食品を摂取しても血液のペーハー(pH)を変えることはなく、ダイエットや炎症、高血圧、うつ病、骨密度の改善につながるという科学的根拠はないと強調した。

一部で主張されているがんの予防・治癒効果についても、科学者などで作るCancer Council NSWのクレア・ヒューズ氏は「アルカリ性食品の人への健康影響を調べた研究は少なく、がん治療に活用できるという十分な証拠はない」とし、「食事ががんのリスクに与える影響は大きいが、食品が酸性かアルカリ性かを気にする必要はない」と説明。一方で、「アルカリ性ダイエットのもっともらしい説明を信じてしまい、がん治療を放棄してしまうことを懸念する」と呼びかけた。

ただし、アルカリ性ダイエットにも利点があり、栄養士のマグリス氏は「不足しがちな野菜や果物の摂取を促している」ことだという。アルカリ性ダイエットの本質は、栄養価の低い食事による体重の減少。同氏は「体重減少はアルカリ性とは何の関係もなく、このダイエットを長期間続けると健康や精神上のマイナス面が大きい」と警告している。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ヱビスビール
    日本ブランドの輸入プレミアムビール人気が高まっているとして、サッポロビールは7月13日、同社主力ブラ...
  2. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターは8月5日~7日にかけて、小学生とその保護者を対象とした消費生活講座「小...
  3. 国民生活センター
    電力は4年、ガスが3年経過した小売り全面自由化。国民生活センターはこのほど、電力・ガスの小売りに関す...
  4. アメリカ消費者連合
    米国内の250以上の消費者団体で組織する「アメリカ消費者連合」(CFA)は7月13日、不動産情報サイ...
  5. イベント
    国内で「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」が導入されるなど、コロナ対策としてIT(情報技術...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る