ダチア・ジョガー、衝突試験で最低評価 英団体が「買わないで」

ルノーグループ傘下、ダチアのファミリーカー「ジョガー」が衝突試験で最低評価を受けたとして、英国の消費者団体Which?は4月13日、同車の購入を控えるよう消費者に呼びかけた。法令上の安全基準は満たしているが、テスト機関のユーロNCAPが5段階評価で最低となる「1つ星」を付けた。Which?は3つ星以下の車種について「DON’T BUY(買わないで)」の評価を与えている。

ジョガーは1万4995ポンド(約246万円)という低価格が目を引く5人乗り2列、7人乗り3列のファミリーカー。しかし、ユーロNCAPの衝突試験では、乗員の保護性能が低いと評価され、エアバッグの性能も不十分とされた。後部から衝突に対して後部座席の乗員の首が保護されず、むち打ち症になる可能性も指摘された。さらに、7人乗りの最後部座席にはシートベルトリマインダーが付いていなかった。

Which?は「ライバル車と比べて破格の安さだが、落とし穴に注意してほしい。他車の多くが達成している安全レベルを満たしておらず、安全性を最重視している我々としては購入をおすすめしない」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c
  2. sns
    静岡県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比1.5%減の2万5719件となc
  3. 全国消団連学習会
    ◎データ利活用見すえ信頼醸成 インターネットにつながったIoT家電や住宅設備機器が普及する中、全国c
  4. 水
    全国清涼飲料連合会(全清飲)が毎年公表している「清涼飲料水統計」によると、2023年の清涼飲料水生産c
  5. PL研究学会
    日常生活の安全・安心の確立をめざすPL研究学会(大羽宏一会長)の製品リコール研究部会(渡辺吉明部会長c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る