米消費者団体が不動産情報サイトを比較 Zillowを推奨

米国内の250以上の消費者団体で組織する「アメリカ消費者連合」(CFA)は7月13日、不動産情報サイト大手5社の比較テスト結果を報告し、Zillowが最も優れていると評価した。CFAシニアフェローのステファン・ブロベッグ氏は「家は消費者にとって人生最大の買い物。良心的な不動産業者から購入することが重要で、Zillowは業者選びに役立つ情報を提供している」とコメントしている。

調査対象はZillow、Realtor.com、HomeLight、Yelp、Facebookと不動産販売各社の自社サイト。不動産業者に関する販売履歴や価格履歴、カスタマーレビューなどの項目について、公開頻度や正確性、透明性などを調べた。

その結果、Zillowは販売履歴データを77%の割合で記載していて、2位のRealtor.com(55%)を22ポイント引き離してトップ。カスタマーレビューの記載割合も61%とトップだった。販売履歴には日付などの重要な情報を正しく記載されていたほか、カスタマーレビューもほかのサイトよりも有益な情報が記載されていた。

ブロベッグ氏は、「販売履歴と価格履歴を見れば不動産業者の営業力や実績を知ることができる」とし、Zillowのサイトは情報が豊富だと評価。また、「各サイトのカスタマーレビューを読めば消費者はどの不動産業者を選ぶべきかが良くわかる。Zillowにも業者による書き込みが多いため、公平な情報源とは言えないが、消費者に役立つ情報が多く記載されていて、ほかのサイトよりも情報が偏っていない」と解説した。

報告書によると、不動産情報サイトの利用率は住宅購入者、不動産業者ともに約90%にのぼるという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    AI(人工知能、Artificial Intelligence)による社会のデジタル化が進行する中、...
  2. コンシューマーリポート
    「99.99%除菌」「細菌やバクテリアを99.99%除去」などとうたって販売されているスチームモップ...
  3. 国民生活センター福原奈央さん
    国民生活センター教育研修部上席調査研究員付主査・福原奈央さん ◎地方消費者行政支援 「見守り活動...
  4. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  5. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る