【英国】助言団体が設立80周年 さらに重要な存在に

英国の非営利助言団体「シチズンズ・アドバイス(Citizens Advice)」が今年9月に設立80周年を迎える。ジリアン・ガイ最高責任者(CEO)はホームページ上でこれまでの軌跡を振り返るとともに、「今後のサービスのあり方について議論を重ねてきた。これからも市民が必要とする助言と支援を提供し続けるため、新たな体制を構築したい」と抱負を語った。

同団体は第二次世界大戦が始まる1939年9月4日に200カ所で無料の助言サービスを開始。当時は家を失った場合の対処法や配給を受け取るための用紙の入手法などをアドバイスしたという。

80年経った今も住宅・借金・年金などの問題や身近な契約問題、消費者の権利と保護など消費生活の改善につながる助言を提供。一方、相談手法は対面方式から電話、ウェブサイト、チャットなど多様化してきたと説明した。

いまや同団体のウェブサイトは誰もが知る存在。昨年は2500万人が訪問し、1500件に及ぶ助言ページが計3400万回閲覧された。相談者の7割が問題の解決に役立ったと回答しているという。

EU離脱問題や政治・経済の不安定化で混乱する英国。ガイCEOは「2019年は不確実性が高まり、問題が複雑化し、大きく変化する年となる。我々の自由で、信頼性が高く、独立した助言はこれまで以上に重要になるだろう」とコメント。「市民のための80年。これからも我々は存在し、誰にでも、どんな問題であろうとその人が前進するために必要な知識と自信を与えていきたい」と決意を語った。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る