米非営利団体が国を強くする方策提示 一般教書演説に対抗

「偉大な米国の復活」を強調したトランプ米大統の一般教書演説に対抗する形で、非営利団体のU.S.PIRGは2月4日、国と国民生活をより良い方向へと導く10項目の方策を発表した。「大統領はバラ色の未来を主張しているが、許容できない深刻な問題を見逃している」と指摘している。

施策はいずれも主要な消費者課題をテーマとしたもの。

1.修理する権利の立法化…2019年には少なくとも20を超える州が消費者の修理する権利を提案した

2.水道水の鉛汚染の解決…水道水の鉛汚染から子どもたちを守るために、検査の強化、給水所での鉛除去、汚染源の特定と排除をおこなう

3.抗生物質の使用削減…マクドナルド、サブウェイ、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)が抗生物質削減の取り組みを開始し、カリフォルニア州とメリーランド州は畜産現場での使用を規制した

4.子どもの喫煙(ニコチン)対策…電子たばこがティーンエイジャーの間で流行。マサチューセッツ州は風味付きたばこ製品を禁止へ

5.プラスチックごみの削減…使い捨てのレジ袋、食品包装、発泡スチロール、持ち帰り用容器が環境を汚染している

6.電気バスの普及…大気汚染の原因となっているディーゼルバスを電気バスに切り替える。バージニア州、ニュージャージー州、マサチューセッツ州が取り組んでいる

7.大学の教科書の低価格化…一部の出版社が市場を独占し、大学生が年間1000ドル(10万円以上)を支払っている

8.有害化学物質の使用削減…難燃剤に含まれる有害化学物質の使用を減らす

9.水銀汚染の抑止…トランプ政権による発電所の水銀基準の緩和を阻止する

10.金融分野の消費者保護…消費者金融保護局の独立性を奪う金融規制緩和を阻止する

U.S.PIRGは「10項目はすべて、トランプ大統領がいてもいなくても、州や裁判所、企業などが自ら取り組めるもの。国民の生活を向上させるものばかりなので、ぜひ行動に移してほしい」と呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 東京都庁
    東京都は2月8日、組織や事業別に約130あったツイッターアカウントを再編し、19アカウントに集約したc
  2. ホワイトハウス
    バイデン米大統領は2月7日に行った一般教書演説の中で、子どもへのターゲティング広告を禁止する方針を打c
  3. 食品安全グローバルネットワーク院内集会
    ◎表示制度・安全性試験の実態を報告 NPO法人食品安全グローバルネットワークは1月25日、参議院議c
  4. 自動車の安全評価試験を実施するユーロNCAPが2022年ベスト・イン・クラス(クラス最高車)を発表しc
  5. ACAPわたしの提言表彰
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月19日、「2023年新春講演会」を都内で開き、「Ac

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る