【米国】SNS詐欺の被害額、過去最悪ペース コロナ禍で猛威


米国でSNSを使った詐欺が猛威を振るい、金銭被害が急増していることが、米連邦取引委員会(FTC)の調べでわかった。上半期(1月-6月)の総被害額は判明しているだけで1億1700万ドル(約122億円)にのぼり、過去最悪だった昨年1年間の1億3400万ドルを上回るのは必至の状況。FTCは「ソーシャルメディアはコロナ禍で友達とつながる最適な方法だが、詐欺師にとっても人気のたまり場になっている」と警告している。

主な手口は注文した商品が届かない「オンラインショッピング詐欺」、ネット上で恋人関係を装って金銭を要求する「ロマンス詐欺」、儲け話や副収入を持ちかける「投資・副収入詐欺」など。マルチ商法(MLM)やねずみ講に関する被害報告も目立った。詐欺師はコメントをブロックする機能を駆使して、被害情報が広がらないようにしているという。

FTCは「金銭を支払う前に、公的サイトや検索サイトで被害が出ていないかを必ず調べてほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. 電話相談
    愛知、岐阜、三重と名古屋の4県市は1月22日、ガス検針票による消費者ホットライン「188(いやや)」c
  2. 防水スプレー
    靴や傘などに使う防水スプレーの吸入事故が増加している問題で、使用者の約13%が危害やヒヤリハットを経c
  3. 消費者庁
    特定商取引法に違反する悪質業者を国や都道府県に通報する「申出制度」の押印が廃止され、PDF形式によるc
  4. ホワイトハウス
    米民主党のジョー・バイデン氏が1月20日、第46代大統領に就任したことを受け、主要な消費者・非営利団c
  5. 香港消費者委員会
    指紋認証やスマートフォンなどでドアの鍵の開け閉めができる「電子錠(スマートロック)」を巡り、誤作動やc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る