【豪州】タカタ製エアバッグ改修率85% 来年末の完了めざす

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12月3日、タカタ製エアバッグのリコール率が85%に達したと発表した。デリア・リッカード副委員長は「安全なエアバッグへの交換が順調に進んでいる」との見解を示す一方で、クリスマスシーズンの大型連休が近づいているとして「対象車両かどうかを今すぐ確認し、該当すれば無料交換を申し出てほしい」と呼びかけた。

タカタ製エアバッグのリコールは世界最大規模の自動車リコール案件。世界中で推定1億台の車両が影響を受けたとされ、ガス発生装置(インフレーター)の異常破裂により少なくとも29人が死亡、320人以上が負傷した。豪州政府は強制リコールに乗り出すとともに、リコール対象製品とは異なるタイプのエアバッグでも1人が死亡、1人が重傷を負う事故が起きていること明らかにした。強制リコールについて、ACCCは2020年末までに全車両の改修を完了させるよう各自動車メーカーに要請している。

ACCCによると、今年10月(速報値)までに対象のエアバッグ約350万個の交換を終え、リコール率は85%になった。残る61万個のうち約24万個(6%)は車両の盗難・廃棄などにより交換が不可能とされ、実質的な未改修製品は約37万個(9%)。この中には死亡事故を引き起こすおそれのある製品が1万3000個以上含まれており、ACCCや各メーカーは最優先製品と位置づけてドライバーに警告し、「車両を運転せずにディーラーに連絡を」と呼びかけている。

リッカード副委員長は「リコールは順調に進んでおり、営業日ごとに約4000個のエアバッグが交換されてきた」と経過を報告。一方で、「道路を走行する危険な未改修車両はまだまだ多い。ドライバーはリコール通知を無視したり、対応を遅らせたりしてはいけない」と呼びかけた。ACCCはタカタ製エアバッグの強制リコールを実施して以降、この案件を最優先課題に位置付けて対応にあたってきた。

 

注 2019年12月6日17時、一部内容を修正いたしました)

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 埼玉消費者被害をなくす会
    経年劣化による火災などを防ぐことを目的とした「長期使用製品安全表示制度」と同「安全表示制度」の認知度...
  2. インターネット
    スマートスピーカーが勝手に起動し、私たちの会話を盗聴しているのではないか――。こうした心配の声が多い...
  3. 国民生活センター
    高温多湿の環境下で実施される「ホットヨガ」について「体調が悪くなった」「嘔吐した」「頭痛がひどい」「...
  4. 欧州消費者同盟
    欧州32カ国の44の消費者団体でつくる欧州消費者同盟(BEUC)は7月7日、オンラインショッピング上...
  5. 電気料金
    電気契約を結ぶ際、法令で義務付けられた契約書面を交付していなかったとして、経済産業省の電力・ガス取引...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る