スイカ、想像以上に栄養豊富 リコピンはトマト以上 米団体推奨

米国人にとって、夏のバーベキューに欠かせない果物といえばスイカ(英語でウォーターメロン)。その名が示す通り92%が水だが、米消費者団体コンシューマー・リポートは6月24日、栄養が豊富で「あなたが思っている以上に体に良いものだ」と推奨した。食品ロスを減らすため、種や皮の活用法も紹介している。

米国人1人当たりのスイカ消費量は年間約16ポンド(約7.3キログラム)。安価で、甘く清涼感があることが人気の理由だが、栄養が豊富なことも見逃せない魅力。ニューヨーク大学の栄養学臨床教授のリサ・サッソン博士によると、スイカは運動後の水分補給に最適。ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、カリウムが豊富な上、低カロリー(1カップあたり46キロカロリー)だという。

さらに、赤い実が示す通り、強力な抗酸化物質リコピンが豊富。リコピンを含む食品は多くなく、ほかの食品ではトマト、ピンク色のグレープフルーツ、グアバなど。その中でもスイカのリコピン量は、生のトマトの1.4倍以上と多い(ただし、リコピンの最良の供給源はケチャップなどのトマト加工品)。米農務省は「実が赤くて甘いほど、栄養価が高くなる」とお勧めしている。また、同省の研究では、1500種類もの栄養素を含み、血流を改善するのに役立つ「L-シトルリン」と呼ばれる成分が豊富なこともわかったという。

食べる際の注意点としては、切る前に必ず皮を洗うこと。外側がサルモネラ菌などの食中毒菌に汚染されている可能性があるという。切った後のナイフでほかの食品を切らないようにすることも大事だという。

一般的に種や皮は捨てるが、食べることも可能。コンシューマー・リポートは「食品ロス削減にもつながるし、環境にも良い」として活用を呼びかけている。スイカの種は健康的な脂肪分とタンパク質が豊富で鉄、マグネシウム、亜鉛も含む。フライパンで煎り、サラダに加えたり、ヒマワリの種の代用にしたりすると良いという。皮の部分はスライスしてコールスローや炒め物に加えることを提案している。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. PFASワーキンググループ
    食品安全委員会のPFASワーキンググループは4月26日、第8回会合を開き、「PFAS(有機フッ素化合c
  2. 米国の保険関連非営利組織「国家保険犯罪局」(NICB)は5月9日、盗難車に関する2023年報告書をまc
  3. 伝統的易学業界
    国民生活センターも参加、トラブル事例を解説 伝統的な易学の研究・普及に取り組んでいる占い関連団体がc
  4. 消費者庁デジタル班
    詐欺的定期商法など排除へ 事業者への注意喚起通知1600件 インターネット通信販売に関するトラブルc
  5. U.S. PIRG
    プラスチック製品に欠かせない原材料「プラスチックペレット」の環境への放出を禁止する法案が米下院で支持c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る