ファブリーズ「瞬間お洗濯」表示中止へ 適格団体の指摘で

特定適格消費者団体の消費者支援機構関西(大阪市中央区)は5月8日、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン、神戸市)が消臭剤ファブリーズの広告表示の変更に応じたと発表した。機構は2017年12月、「瞬間お洗濯」や「新!ファブリーズで洗おう」とのキャッチコピーが消費者の誤認を招く可能性があると指摘し、これまで同社と意見交換を繰り返すなどしてきた。

機構が問題視したのは、17年秋に新発売した「布用消臭スプレー・ファブリーズダブル除菌」のテレビCMやWEBサイトの表記。同製品に汚れを落とす効果がないのに「お洗濯」「洗おう」といった表現が使われていて、消費者の誤認を招き、景品表示法上の問題があると指摘した。

広告には「消臭する工程を洗濯と比較。汚れを落とす訳ではありません」との記載があったが、テレビCMでは音声ではなく文字で表示していたほか、他の媒体広告でも「瞬間お洗濯」に比べて小さく記していた。機構はこうした記載方法を取る理由や、打消し表示と位置付けているのかを質問。「99.9%除菌・消臭」の記載についても根拠を問うなどしてきた。

面談協議や書面による意見交換を繰り返した結果、P&Gが表示の変更を約束。機構は「問い合わせに対し一定の理解を示し、真摯に対応した」として景品表示法に基づく差止請求を見合わせ、問い合わせ活動を一旦終了すると発表した。

P&Gは「瞬間お洗濯」表示を中止するほか、「99.9%除菌・消臭」との表示については「消臭&99.9%除菌」に変更する。また、自主的に「10秒スプレーで簡単お洗たく」「空気を10秒お掃除」との表示も中止し、順次変更していくと表明している。

関連記事

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  2. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  3. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  4. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  5. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る