【豪州】セルフレジ、不器用な人には苦痛 消費者団体が体験記

レジ待ち緩和などのメリットがあるとして、スーパーで導入が進むセルフレジ――。不器用な人にとっては時間がかかり、とても便利とはいえないようだ。消費者団体CHOICEは5月13日、ショッピング分野の政策担当者による体験記を掲載し、悪戦苦闘ぶりを紹介した。

アシュリー・アイルデール氏(男性)は「なぜ私はセルフレジを使うのが嫌なのか」というテーマで体験記を寄せた。同氏はセルフレジと毎週格闘していると報告。商品のスキャンに手間取るようで、不器用にレタスやトマト缶をスキャンする時の苦痛を吐露した。

スーパー側は人手を減らすことができるため、セルフレジの導入に積極的。アイルデール氏はスキャンの作業中、「人件費削減はスーパーの利益につながるが、労働を肩代わりしている私は商品の割引という形で恩恵を受けているのだろうか」と疑問を感じるという。

一方で、ふと周りを見ると不器用なのは自分だけだと気づくといい、自分よりも後ろに並んでいた客がチェックアウトしている姿を目にする。その時は自己嫌悪に陥るという。チェックアウトを済ませた時は開放感にひたるものの、スーパーを後にする際、買い込んだ食料品の重さ以上に心が沈むとつづっている。同氏は「スキャンに時間がかかる人にとって、セルフレジは本当に便利なのか疑問だ」と主張するものの、これからも格闘は続くようだ。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 鶏肉
    スーパーなどで市販されている生の鶏肉から高い確率でカンピロバクターが検出されることについて、52%の...
  2. コイン
    英国の消費者団体Which?は11月22日、1週間誤に迫ったブラックフライデーを悪用した詐欺に注意を...
  3. コンシューマーリポート
    町中に設置されている電子看板(デジタルサイネージ)が通行人のスマートフォンのデータを収集し、購買デー...
  4. ペットボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会(東京都中央区)は11月20日、3R推進活動状況をまとめた年次報告書...
  5. 豆乳
    豆乳の人気が広がっている。出荷量は10年連続で増加し、昨年は過去最高を記録。今年は1-9月期ですでに...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る