古い扇風機で火災多発 「標準使用期間」目安に買い替えを

気温が上昇する6月~9月にかけて、扇風機による火災事故が多く発生しているとして、NITE(製品評価技術基盤機構)は6月27日、注意を呼びかけた。使用期間が10年以上たった古い扇風機の経年劣化事故が目立ち、火事になって死亡する事例も複数報告されていた。NITEは「シーズン毎の使い始めには異常がないか点検し、古い製品は買い替えを検討してほしい」としている。

古い扇風機の経年劣化事故

内部部品から発火する扇風機(NITEの再現実験より)

NITEによると、扇風機の事故は昨年3月までの5年間に118件あり、そのうち96件(81%)で火災が発生。4人が死亡、15人が重軽傷を負った。また、古い扇風機による経年劣化事故が34件確認され、33件で火災となっていた。

古い扇風機は一見すると問題なさそうでも、内部の電気部品は劣化が進んでいるおそれがある。NITEが経年劣化事故34件を分析したところ、コンデンサー、内部配線、モーターの3つの部品から発火していることがわかった。特にコンデンサーの発火は22件と最も多く、注意が必要。コンデンサーはモーターを起動させるための電気部品だが、古い型式の製品には可燃性物質が封入されていて、異常が起きた際に火災となるおそれがあるという。

経年劣化事故を巡っては、兵庫県で2017年10月、モーター起動用コンデンサーの絶縁劣化が原因とみられる火災が発生。問題の扇風機は約41年使い続けたものだった。

また、佐賀県で同年8月、約47年使っていた扇風機が発火し、火事に至る事故が発生。モーターの内部配線の絶縁性能が低下してショートし、周りの樹脂部品に着火したことが原因とみられた。

こうした経年劣化事故を防ぐため、2009年4月以降に製造された扇風機には「製造年」と「設計上の標準使用期間」に加え、「設計上の標準使用期間を超えて使用すると、経年劣化による発火・けがなどの事故に至るおそれがある」との注意表示が義務付けられた。標準使用期間はメーカーや製品ごとに異なるものの、6年~10年の範囲の中でそれぞれ設定されていることが多い。

扇風機の火災事故を防ぐ主なポイントは▽製造から長期間経過した扇風機の使用は注意する▽使用を開始する前に異常がないか点検する▽事故の前兆(異音、異臭、動作不良など)を見逃さない▽使用しない時は電源プラグをコンセントから抜く――など。NITEは「標準使用期間を確認し、買い替え時期の参考としてほしい。使用中の製品にこの表示がない場合、すでに製造から十年以上が経過しているため、安全のために早めの買い替えを検討してほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. インターネット
    「届いた商品がイメージと違う」「想像していた大きさと違った」――。 実物を確認できないネットシ...
  2. 風力発電
    石油世界大手の英BPが2030年までに石油・ガス生産量を19年比で40%削減する方針を示したことを受...
  3. スマートフォン
    食品ロス削減に向けた広報活動の一環として、消費者庁は7月22日、ツイッター上で「賞味期限の愛称・通称...
  4. 米消費者情報誌コンシューマーリポート(CR)と道路安全保険協会(IIHS)は7月30日、安全な中古車...
  5. 消費者庁
    「販売預託取引」は原則禁止 過量販売は資料提出対象に 消費者被害を発生させている悪質事業者を「共通...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る