1分で1万円ゲット? ウソ勧誘事業者に注意を

消費者庁は「アンケートに回答すれば誰でもたった1分で1万円の現金をらくらくGET!」などと謳い、多額の金銭を支払わせる事業者に関する相談が昨年11月以降、各地消費生活センターに寄せれられていることから、11月9日、事業者名を公表し、消費者に注意を喚起した。

日本統計機構運営「アンサーズ」サイト

虚偽・誇大広告が指摘された日本統計機構のウェブサイト(9日、消費者庁にて)

この事業者は「一般社団法人日本統計機構」(東京都港区南青山)。ウエブサイトやLINEで消費者を勧誘、同社が運営する「アンサーズ」と称する会員組織のウェブサイトに誘導し、「簡単なアンケートに回答すれば誰でも1万円を稼ぐことができる」などと説明、まずはLINE登録させて仮会員へと誘う。

次いで、興味をもたせるように消費者に動画を視聴させたりして、儲けるには、と称して、入会金50万円の「アンサーズ実践会」への入会を、今回は半額でOK、として勧誘する。

消費者庁の調査では、同社への苦情相談は昨年11月以降、今年9月末までに108件。既払い件数は55件で、相談件数上の被害額は約1500万円。最高額は125万円だったという。同社は消費者庁の聴取に際して、「売上は5億円、契約者は2300人」と回答。問題指摘を受けて「廃業する」「消費者からの返金要求については誠実に対応したい」と答えているという。

消費者庁は同社の勧誘説明には「虚偽・誇大な広告・表示および不実告知」が判明したとして事業者名を公表、消費者に注意を喚起した。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る