「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿のエビススバルビル(EBis 303)で「チーズフェスタ2018」を開催。7700人を超える消費者が集うなど、昨年以上の盛況を見せた。11日には全国の消費者から寄せられた応募作品から毎年恒例のご当地チーズレシピのグランプリを決定、今年からチーズ部門賞として「白カビチーズレシピ」も表彰された。タレントの峰竜太さんが参加し、ゲストにフィギアスケーターの本田紗来さんが招かれてチーズの魅力を語った。

チーズフェスタ2018

2日間で7700人を超える消費者が集まったチーズフェスタ2018(11日、渋谷区恵比寿にて)

「チーズフェスタ」はチーズの祭典。11月11日は「チーズの日」、11月が「チーズの月」であることから毎年開催され、今年で27回目となった。チーズを使ったチーズレシピのコンテスト「チー1グランプリ」も7回目。今年は「チーズ部門賞」も新設され、白カビチーズのレシピを対象に優秀賞が発表・表彰された。

チ―1グランプリには全国から過去最多の1514作品が応募、6ブロック12作品が選定され、その中からグラプリ1作品(チー干しポテト)、準グランプリ2作品(クリームチーズとサバ缶の簡単ポキ、及び、チーズカップの明太子チーズサラダ)が表彰された。「部門賞」では「練馬大根どーこだ!?」が選ばれた。

試食会をはじめ、加盟各社による「ご自慢チーズパスタ」の紹介、一般社団法人日本アイスクリーム協会のチーズとのコラボ料理など見どころ満載の祭典となった。健康に寄与するチーズの新たな研究成果も紹介された。今年もチーズフェスタでのチーズ即売会の売上収益金は、日本ユニセフ協会に寄付され、世界の子どもたちの支援に充当される。

チーズ普及協議会・加藤昌弘専務理事は「チーズフェスタでは、健康・栄養面での新しい効果・有益性に関する情報をはじめ、様々な食生活でのお役に立つ情報を用意しました。チーズが持つ多彩な特長を身近に堪能していただけたようにも思います」。

来場者には若いカップルや子ども連れ家族も目立った。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る