【米国】高校生が高齢者に食料配達 ボランティアが拡大

新型コロナウイルス感染対策として高齢者の外出自粛が呼びかけられる中、高校生ボランティアによる高齢者宅への食料品配達の取り組みが拡大している。2人の高校生が始めた活動は今や全国に23支部に拡大し、何百人もの高齢者を支援しているという。若者と会話するきっかけにもなっていて、米最大の高齢者組織AARPは「高齢者を感染リスクから防ぐだけでなく、社会的な孤立からも守ってくれている」と伝えた。

ボランティアは「ティーンズ・ヘルピング・シニアーズ」と呼ばれ、高齢者に食料品や医薬品を無料で届ける活動を展開している。メリーランド州モンゴメリー郡の2人の高校生、Dhruv Paiさん(16歳)とMatt Casertanoさん(15歳)が新型コロナ感染拡大の初期に活動を開始し、数カ月で全国ネットワークへと拡大した。ボランティアに参加するためには独自の衛生チェックに合格する必要があり、マスクの着用はもちろんのこと、容器包装の消毒、陽性者との接触の有無の確認などが求められる。

高齢者からは食料品の配達とともに会話を届けてくれるとして大好評だといい、高校生の来訪を心待ちし、ご馳走を用意する高齢者もいるという。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 東京都消費生活総合センター
    悪質なホストクラブで若い女性が高額請求され、支払い能力以上の売掛金(ツケ払い)を負わされた末、犯罪行c
  2. コイン
    世界最大の仮想通貨(暗号資産)取引所のバイナンスが11月21日、マネーロンダリング対策を怠るなどの違c
  3. 全相協公開シンポジウム
    ◎不意打ち性・密室性を悪用 規制のあり方を議論 インターネットによるデジタル広告と勧誘が消費者被害c
  4. ニッポン消費者新聞2023年1月号
    特集 全国消費生活相談員協会 「デジタル勧誘」テーマにシンポ、チャット勧誘の不意打ち性指c
  5. 自動車
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月25日、ダウンジャケットや厚手のコートを着た子どもをc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る