ゲノム編集食品「届け出義務化を」 質問に回答する義務も要望

北海道消費者協会(畠山京子会長)は2月18日、ゲノム編集技術応用食品の取り扱いに関する報告書案について、意見を提出したことを明らかにした。表示制度を確立する上で研究開発に関する情報が重要になるとし、届け出の義務化や消費者の質問に対する回答の義務化などを要求。安全性に関する届け出情報の精査も求めた。

同協会は意見書で、ゲノム編集食品について「安全性に対して多くの消費者が不安を抱いている」と指摘。消費者の多様なニーズに応えるため、「どの食品がゲノム編集技術を用いたものなのか、表示で明らかでなくてはならない」と強調した。

表示制度を確立するには「品種の研究開発段階の情報が重要」だとし、開発者の義務と責任の明確化を要求。安全審査の手続きの対象外となるゲノム編集食品について▽国への届け出を義務化し、その内容を消費者に公表する▽消費者からの質問に対して回答する義務を負う▽届け出内容について安全性の情報に問題ないか国が精査する――よう要望した。義務を守らない開発者に対しては、国が研究開発や販売の停止を行うよう求めた。

また、報告書案の説明会が東京・大阪の2カ所のみでしか行われなかったとして、今後は全国で開催するよう注文をつけた。

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る