生協、サステナブル商品強化 水産物中心に120品展開へ

日本生活協同組合連合会は、エシカル消費対応商品「コープサステナブル」シリーズを強化していく。10月末時点の84品から、来春には約120品に増やす方針。乱獲が懸念される水産物については新たに34品を展開する予定で、シリーズ全体の水産食品構成比を6割以上に引き上げる。記者会見した日本生協連の二村睦子常務理事は「水産資源の問題は今、環境問題の中でも非常に大きなテーマ。生協としても大きな問題だととらえ、重点的に取り組んでいる」と強調した。

日本生協連・二村睦子常務理事

水産物を中心としたサステナブル商品の強化を報告する二村睦子常務理事(10月26日、写真はウェブ画面上の画像)

日本生協連は今年2月からコープサステナブルシリーズを本格展開し、環境や社会に配慮した主原料を使った商品の普及を進めている。様々な認証マークが登場する中、共通ロゴマークをパッケージに付けてシリーズ化し、サステナブル商品をわかりやすく、選びやすくする試みだ。

商品数も10月末の84品から、来春には約120品へと強化する。乱獲が指摘される水産食品は41品から75品へと34品増やす予定で、シリーズ全体における水産食品の構成比も48.8%から62.5%程度へと引き上げる。

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の漁獲資源は約30%がとり過ぎ、約60%がこれ以上漁獲量を増やせない状況(2015年時)にある。その上、世界的な人口増加、健康志向の高まりを背景に水産資源の需要が高まる見通しで、水産資源の減少が加速していく可能性があるという。

二村常務理事は「漁業においては魚をとりすぎないようルールを守る、養殖業においては水質や海洋環境への影響を抑えるやり方をするというのが非常に重要だ」と指摘する一方で、「持続可能で適切に管理された水産物を消費者が選ぶことが大事だ」と強調した。

コープサステナブルシリーズでは、BPA認証のサーモンを使用した国内初のPB商品「CO・OPスモークサーモントラウト切り落とし」などを展開しており、二村常務理事は「今後も認証を利用して商品の配置を広げていきたい」と語った。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 2022年1月1日号
    特集 全相協が公開シンポ開催 「暮らしの変化と広告表示」テーマに議論 法規制求める意見 c
  2. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c
  3. ビール
    米国の消費者3団体は11月21日、財務省アルコール・タバコ税貿易管理局(TTB)がアルコール含有量表c
  4. PETボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会がまとめた2021年度ペットボトルリサイクル率は86.0%で、目標とc
  5. 電話相談
    適格消費者団体の消費者市民サポートちば(千葉市)は千葉県弁護士会と共催で、無料の電話相談「消費者なんc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る