今後10年で1300万人が交通事故死 WHO試算 半減めざす

交通事故により世界で毎日3500人以上が死亡しているとして、世界保健機関(WHO)は10月28日、2030年までの行動計画を開始し、今後10年間に死者数を半減させるという目標値を発表した。安全な道路の整備や車両の事故防止機能の向上、道路の安全利用の周知、健康的で環境に優しい交通手段などを呼びかけていく。

WHOの試算によると、世界の交通事故死者数は1日3500人以上となり、年間では死者約130万人、負傷者約5000万人にのぼり、主に子どもや若者が被害に遭っているという。このままでは今後10年間で、途上国を中心に死者1300万人、負傷者5億人に達する見通しで、WHOは「交通事故は予防可能であり、この数値はとても許容できない」と指摘。テドロス事務局長は「交通事故が引き起こす人命・生活手段の喪失、悲しみと痛み、経済的損失は家族やコミュニティ、社会、保健システムに耐えがたい犠牲をもたらす」とコメントした。

また、WHOで傷害防止を担当するエティエンヌ・クリュッグ氏は「自動車が発明されて以来、5000万人以上が交通事故で亡くなった。これは第一次世界大戦や最悪のパンデミックの死者数を上回っている。世界はいま、安全で健康的で持続可能な輸送手段に移行する時が来た」と各国に行動を呼びかけた。

WHOの計画には▽道路インフラや車両の安全性向上▽命を救う救急医療システムの構築▽ウォーキング・サイクリング・公共交通機関の利用促進――などが盛り込まれている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  2. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc
  3. 全相協公開シンポ
    ◎法規制求める意見 公的機関と民間との連携も提案 デジタル化に伴う消費者トラブル急増を背景に11月c
  4. 2022年1月1日号
    特集 全相協が公開シンポ開催 「暮らしの変化と広告表示」テーマに議論 法規制求める意見 c
  5. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る