【米国】カーテンやブラインドでエアコン代節約を 色がポイント

米消費者団体コンシューマー・リポートは、米エネルギー省が推奨する窓カバーによる省エネ対策を紹介している。重要ポイントは「色」で、太陽光を反射する明るい色の製品が良いとしている。同団体は「真夏にエアコンをつけると快適だが、省エネを心がけないと高額な請求書であなた自身が沸騰することになる」と呼びかけている。

窓製品には、屋外の窓上部に設置する日よけ(awning、別名・雨おおい)のほか、屋内に取り付けるカーテン、ブラインド、サンシェード、反射フィルムなどがあるが、これらはいずれも即効性のある省エネ方法。賢く使うと冷房効果を高めながら電気代を節約できるという。

エネルギー省によると、日よけは南向きの窓で最大65%、西向きの窓では最大77%まで太陽光による温度上昇を抑制できるという。最高の効果を得るには明るい色の製品を選ぶこと。冬になると日よけをたたんで太陽光を室内に取り入れると良いという。

カーテンは夏の間は閉めること。生地の種類と色によって効果に違いが出るが、なるべく窓に接近させて取り付け、上下左右すき間が生じないようにすることが重要だ。

シェード(上部から一枚布を下ろして窓を覆う製品)とブラインドも一日中おろしておく必要がある。ブラインドは角度を調節することで採光や通風をコントロールできるが、直射日光を遮断して反射率の高い製品を選ぶことが重要になる。また、シェードは片面が白系、もう片面がダーク系のリバーシブルな色合いの製品を選ぶと、冬の季節に太陽光の熱を取り入れることができる。

反射フィルムは高温シーズンが長い地域の住宅に最適。銀色で鏡のようなフィルムは色付きの透明フィルムよりも効果的だが、反射光に要注意。視界に影響を及ぼす可能性があるため取り付け時に確認する必要があるとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 豪州消費者団体Choice
    住宅ローンや家賃に関する苦情が増加しているのは銀行が苦境に立たされている人を十分支援していないからだc
  2. 鶏肉
    日本政策金融公庫が実施した畜産物の購入に関する消費者動向調査によると、食肉と牛乳について、およそ6割c
  3. コンシューマーリポート
    4月22日のアースデイを前に、米国の消費者団体コンシューマー・リポートは気候変動が消費者の財布に与えc
  4. 警察庁
    警察庁がまとめた生活経済事犯の検挙状況によると、2023年に全国の警察が摘発した特定商取引等事犯は前c
  5. 電話相談
    埼玉弁護士会と埼玉司法書士会は4月20日(土)と21日(日)に電話相談「敷金(賃貸住宅)トラブル11c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る