食中毒を防ぐ野菜の取り扱い方法 FDAが7つのアドバイス

食品由来の食中毒により、毎年約4800万人の患者が発生している米国。FDA(米食品医薬品局)は「多くの消費者は肉や魚の取り扱いには慎重だが、野菜や果物でも食中毒の被害拡大の原因になりうる」として、家庭における野菜・果物の取り扱い方法をアドバイスした。

食品媒介疾患を専門とするFDAのグレンダ・ルイス氏が勧める取り扱い方法は以下の7つ。
(1)まずは手をぬるま湯と石けんで20秒間洗う
(2)食材の傷んだ部分は取り除く
(3)汚れた包丁で他の野菜を切らない
(4)野菜は流水で軽くこすりながら洗う(石けんや洗剤は必要ない)
(5)メロンやキュウリなどの硬い野菜は清潔な専用ブラシでこする
(6)細菌をさらに減らすため、洗った後は布やペーパータオルで水気をふき取り、乾かす
(7)レタスやキャベツは外側の葉を取り除く

また、購入時にはなるべく傷がないものを選び、店舗で適切な温度管理が行われているかを確認するようアドバイスしている。

米国では5月、ロメインレタスによる食中毒被害が広がり、死亡例も発生。過去にはホウレンソウ、トマト、レタスといった野菜で、大規模な食中毒事件が起きていた。ルイス氏は「野菜や果物は生産から販売までに多くの経路をたどるため、どこかの段階で細菌に汚染されるおそれがある」と指摘。購入後も、不適切な調理や保管が汚染リスクを増大させるとして、適切な取り扱いを呼びかけている。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る