食中毒を防ぐ野菜の取り扱い方法 FDAが7つのアドバイス

食品由来の食中毒により、毎年約4800万人の患者が発生している米国。FDA(米食品医薬品局)は「多くの消費者は肉や魚の取り扱いには慎重だが、野菜や果物でも食中毒の被害拡大の原因になりうる」として、家庭における野菜・果物の取り扱い方法をアドバイスした。

食品媒介疾患を専門とするFDAのグレンダ・ルイス氏が勧める取り扱い方法は以下の7つ。
(1)まずは手をぬるま湯と石けんで20秒間洗う
(2)食材の傷んだ部分は取り除く
(3)汚れた包丁で他の野菜を切らない
(4)野菜は流水で軽くこすりながら洗う(石けんや洗剤は必要ない)
(5)メロンやキュウリなどの硬い野菜は清潔な専用ブラシでこする
(6)細菌をさらに減らすため、洗った後は布やペーパータオルで水気をふき取り、乾かす
(7)レタスやキャベツは外側の葉を取り除く

また、購入時にはなるべく傷がないものを選び、店舗で適切な温度管理が行われているかを確認するようアドバイスしている。

米国では5月、ロメインレタスによる食中毒被害が広がり、死亡例も発生。過去にはホウレンソウ、トマト、レタスといった野菜で、大規模な食中毒事件が起きていた。ルイス氏は「野菜や果物は生産から販売までに多くの経路をたどるため、どこかの段階で細菌に汚染されるおそれがある」と指摘。購入後も、不適切な調理や保管が汚染リスクを増大させるとして、適切な取り扱いを呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  2. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...
  3. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  4. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  5. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る