【米国】マルチビタミン「健康なら効果なし」 必要性を検証

手軽に多種類のビタミン・ミネラルが摂取できる「マルチビタミン剤」について、米国の消費者団体コンシューマー・リポートが最新研究をもとに健康維持に役立つかを検証した。ハーバード・メディカルスクール准教授のピーター・コーエン医学博士によると、「健康的な食事をして体が健康であれば、マルチビタミン剤を摂取しても、何の効果も得られないことが多くの研究で示されている」というのが結論。適切に摂取する限りにおいては安全性に問題はないが、個別のビタミン剤を追加して摂取すると1日の推奨量を超えてしまい、過剰摂取のリスクも生じる。コーエン博士は「利用を検討している人は、医薬品の場合と同じように、まず医師に相談してほしい」と呼びかけている。

研究によると、ビタミン欠乏症と診断されない限り、一般的にビタミン剤を摂取する利点はほとんどないことが長い間示され続けたという。ただし、減量手術を受けた人やビタミンDが不足している高齢者など特定の状況にある人に対しては、医師が個別のサプリメントを勧める場合がある。

サプリメントによる過剰摂取には注意を要し、例えば特定の形態のカルシウムを過剰に摂ると腎臓結石を引き起こす可能性がある。また、マグネシウムの摂り過ぎは下痢を、鉄分の摂り過ぎは便秘を引き起こす恐れがある。さらにマルチビタミン剤は他のサプリメントと比べて粒が大きい場合があり、一部の高齢者にとっては飲み込むのが困難になる。コーエン博士は「サプリメントは錠剤の大きさに制限がないため、窒息の危険性がある」と指摘する。

老年病を専門とするケネス・コンシルジャ医師は様々な果物や野菜を優先して摂取することを推奨。「総合的に言えば、食事から摂取する方がいつの場合でも良い。サプリメントに伴う余分なリスクが生じないからだ」と指摘する。医師に相談する場合、服用している医薬品やサプリメントをリスト化しておけば、何が必要で何が必要でないか話し合いがスムーズに進むとアドバイスしている。

専門家からの意見を踏まえ、コンシューマー・リポートは「食事と比べるとマルチビタミン剤でビタミンを摂る方が簡単に思えるが、現実はもう少し複雑のようだ。健康的な食事は多くの利点があり、消費者はマルチビタミン剤が本当に必要なのか検討することが重要だ」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車内の空気から発がん性が指摘される難燃剤成分が検出されたという最新研究が報告されたことを受け、消c
  2. アルミカップ
    スポーツイベントや商業施設で採用が進むアルミカップのリサイクルを進めるため、アルミ缶リサイクル協会なc
  3. サロン専売商品
    ◎サロン専売商品の一部に「生産ロスZEROプロジェクト」導入 アートネイチャー(東京都渋谷区、五十c
  4. 金融庁
    金融庁は6月25日、金融機関からの報告をもとにインターネットバンキングによる預金の不正払戻し状況をまc
  5. 東京都「悪質事業者通報サイト」
    都民からの通報を受け付け、悪質事業者の取り締まりや監視につなげる東京都の「悪質事業者通報サイト」の2c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る