【米国】パリ協定離脱は「無責任で近視眼的」 科学者ら非難

アメリカのトランプ政権が地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱を国連に正式に通知したことを受け、非営利団体憂慮する科学者同盟(UCS)は11月4日、「米国人の健康と幸福を危険にさらす」とする声明を出した。

離脱決定を巡っては政界、経済界からも失望の声が相次いでいる。米国の離脱は協定の規定により2020年11月4日となり、その前日には米大統領選が行われる予定。

UCSの政策ディレクターでの気候変動政策の第一人者、オールデン・メイヤー氏は声明の中で、「トランプ大統領によるパリ協定離脱の決定は無責任で近視眼的だ」と批判。すでに多くのアメリカ人は山火事や猛暑、巨大ハリケーンなどの形で気候変動による被害を経験しているとし、「パリ協定は対策を実現するための人類最大の希望であり、多くのアメリカ人からも強力な支持を受けていた」と指摘した。

パリ協定からの離脱はトランプ大統領の選挙公約の一つ。メイヤー氏は「トランプ政権は次世代の健康と幸福よりも、化石燃料企業の利益を選んだ」と批判。急拡大する環境対応技術市場において、中国やドイツなどと激しく競っている米企業の競争力を阻害することにもなると訴えた。

米国内ではパリ協定の順守を表明する州が相次ぎ、トランプ大統領の政策とは一線を画す動きが広がっていた。メイヤー氏は「米国のGDPと人口の半分以上を占める州、都市、企業が目標達成へのアクションを約束している。こうしたリーダーたちは地球温暖化対策が雇用を創出し、地域社会を守ることにつながることを理解している」とコメントした。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    企業と生活者のパイプ役を担い、働く女性で構成する一般社団法人日本ヒーブ協議会は12月4日と来年1月1...
  2. 英国の消費者団体Which?
    キャッシュレス化や銀行の支店閉鎖が加速する英国で、250を超す地区でATM(現金自動預け払い機)がま...
  3. PL検討委員会
    新しい製造物責任(PL)のあり方を研究する「一般社団法人PL研究学会」(会長・大羽宏一大分大学名誉教...
  4. ホワイトハウス
    来年秋の米大統領選挙に向けた民主党の指名争いで、200ドル未満の少額献金総額が巨額献金総額を上回った...
  5. 全国消費生活相談員協会公開シンポ
    現在の消費者行政はバブル崩壊後の冬の時代に続く、第2期冬の時代に入りつつある――。そんな指摘が11月...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る