【米国】株価急落、消費者情報誌が資産構成の見直しを推奨

株価が大きく変動し相場の不安定さが指摘される中、米消費者情報誌コンシューマー・リポートは11月20日、消費者に対し、ポートフォリオ(金融資産の構成)の見直しを勧めた。質の良い債券への投資割合を増やすようアドバイスしている。

米国では401K(確定拠出型年金)の普及などを背景に株式投資が一般的。しかし、直近の株価急落により今年の株価上昇分を吐き出した形となり、消費者を中心とした一般投資家に動揺が広がっている。同誌は「今後、株価が上がるにしろ下がるにしろ、一般投資家はポートフォリオを見直す機会とすべきだ」とし、専門家のアドバイスを紹介した。

アドバイザー・インベストメンツのジェフリー・デマソ氏は10月初旬から始まった株価の下落について「アップルやフェイスブックの成長鈍化懸念やターゲットなどの小売業の業績不振が背景にある。加えて、トランプ大統領の貿易政策、上昇相場の終焉懸念などが不安定さをもたらしている」と分析。インベステック・リサーチのジェームズ・スタック氏は「相場も経済も成熟しきった。守りに徹するべきだ」と強調した。

同誌は2008~09年に株価が半分にまで急落したことを示し、株式70%、債券30%のポートフォリオの場合、資産の三分の一が消えたと指摘。今後の強気相場に懐疑的ならば株式への投資割合を減らし、質の高い債券の割合を増やすよう勧めた。特に高齢者は見直しが重要だといい、株式から債券へと資金を移すことでこれまでの利益の固定化が図れるとアドバイスした。また、多くの投資家が米国株式に集中投資していると指摘し、投資先の分散化を進めるため外国株式を20~30%程度組み込むことも検討してほしいとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    美しい画像が魅力の有機EL(OLED)テレビが現在、過去最安値になっているとして、英国の消費者団体W...
  2. 消費者庁
    消費者庁は今年度に地方でモデルとなる事業の創出を目的とした「地方消費者行政に関する先進的モデル事業」...
  3. アルミ缶リサイクル協会
    アルミ缶リサイクル協会(田代泰理事長)は6月19日、飲料用アルミ缶の2019年度リサイクル率が前年度...
  4. 冷食ONLINEで簡単・時短調理特集
    新型コロナウイルスの感染拡大による影響で在宅時間が増える中、販売を伸ばしているのが家庭用の冷凍食品。...
  5. ごみ
    全大阪消費者団体連絡会(大阪市)など3団体は「数えてみよう家庭の容器包装プラごみ・使い捨てプラごみ調...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る