【米国】キャピタル・ワンのディスカバー買収に反対 22団体

米国の消費者団体や金融関連の非営利団体など22団体は連名で3月6日、大手銀行キャピタル・ワンによるクレジット大手ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズの買収に反対する声明を出した。巨大クレジットカード会社の誕生に警戒感を示した形で、銀行規制当局と反トラスト当局に買収阻止を求めた。

司法省やFRB(連邦準備制度理事会)などに宛てた書簡では、この買収が労働者、企業、経済に悪影響を与えるとしたほか、独占禁止法、銀行合併法、地域再投資法に違反していることを指摘。「この取引は米国の銀行システムの金融安定化にリスクをもたらし、銀行とクレジットカード市場の両方における競争を脅かす。これは従来の銀行やクレジットカード発行会社の合併ではなく、合併後の新会社が他の企業や消費者に不利益をもたらす巨大な力を持つことになる」と警告した。

パブリック・シチズンは「2008年の金融危機や昨年のシリコンバレー銀行の破綻で見たように、政府は国民の税金を使って彼らを救済する。米国6番目の巨大銀行の誕生が新たな金融火災の火種となる可能性がある」と指摘。

アメリカン・エコノミック・リバティーズ・プロジェクトは「合併の真の目的は手数料や利息の引き上げだ。合併で儲かるのはキャピタル・ワンのみで、他の誰もがそのツケを払うことになるだろう」、アメリカンズ・フォー・ファイナンシャル・リフォームは「合併後の新会社は金融ショックの影響を非常に受けやすい巨大なクレジットカード発行会社になるだろう。金融の安定に対する脅威の一つだ」とコメントしている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 豪州消費者団体Choice
    住宅ローンや家賃に関する苦情が増加しているのは銀行が苦境に立たされている人を十分支援していないからだc
  2. 鶏肉
    日本政策金融公庫が実施した畜産物の購入に関する消費者動向調査によると、食肉と牛乳について、およそ6割c
  3. コンシューマーリポート
    4月22日のアースデイを前に、米国の消費者団体コンシューマー・リポートは気候変動が消費者の財布に与えc
  4. 警察庁
    警察庁がまとめた生活経済事犯の検挙状況によると、2023年に全国の警察が摘発した特定商取引等事犯は前c
  5. 電話相談
    埼玉弁護士会と埼玉司法書士会は4月20日(土)と21日(日)に電話相談「敷金(賃貸住宅)トラブル11c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る