【米国】社会的距離から物理的距離に呼称変更を つながりが重要

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

新型コロナウイルス対策として世界中の公衆衛生当局が「社会的距離(social distancing)」を呼びかける中、一部の専門家が「物理的距離(physical distance)」に言い換える取り組みを始めた。米国の高齢者団体AARPが4月10日、この動きを伝えた。WHO(世界保健機関)新興感染症担当のMaria Van Kerkhove博士は直近の記者会見で「物理的距離」のフレーズを使用。「感染を防ぐには少なくとも6フィート(約1.8メートル)の距離を保つことが必要不可欠だが、これは社会や愛する人から切り離されることを意味するものではない」と説明した。

AARPによると、社会学者のジェニー・ブランド(Jennie Brand)氏もWHOに賛同する一人。ブランド氏は「社会的距離というフレーズは通常、ある種の個人主義や社会的断絶・排除を示す場合がある」とし、不安が高まる状況下では「むしろ社会的なつながりを維持することが最重要になる」と指摘した。

物理的に離れていても、現代社会ではコミュニケーションは簡単。CDC(米疾病対策センター)はメールや電話、ビデオチャットを活用し「愛する人からの孤立感をなくすことができる」と強調。AARPが4月9日に開いた電話講演で、アメリカ精神医学会元会長のアルタ・スチュワート博士は「物理的に距離を置かなければいけないからといって一人でいる必要はない。人は人とつながり、社会とつながる必要がある」と説明し、連絡を取り合い、つながることがストレスを軽減し、健康状態を改善し、疾病対策にも役立つと指摘した。

この議論は始まったばかりだが、AARPは「この対策が何と呼ばれようとも、とにかく安全な距離を保って身を守ってほしい」と高齢者に呼びかけている。同団体は毎週、高齢者の質問に専門家が回答する「新型コロナウイルス情報テレタウンホール」を開催。その内容をフリーダイヤル電話で発信する取り組みを行っている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 身のまわりにある危険講演会
    大阪府と大阪市は5月13日から、消費者月間講演会「身のまわりにある危険~知って守りましょう、安全なくc
  2. sns
    県中心地域を担当する静岡県中部県民生活センターは5月10日、2020年度消費生活相談概要を取りまとめc
  3. ゴマ
    米国で、ゴマをアレルギー表示義務の対象とする法的手続きが進んでいる。 米下院は4月14日、ゴマc
  4. 東京地方裁判所
    機能性表示食品の情報公開請求訴訟の第11回口頭弁論が4月27日、東京地裁で開かれた。 前回は原c
  5. PL対策推進協議会第二回大会
    PL研究学会(大羽宏一会長)の協賛団体でリコール体制の整備や製品事故の未然防止活動に取り組むPL対策c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る