【米国】犬のしつけに電気ショックは不要 ペット大手が製品撤去

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ペットショップ大手のPetco(ペトコ)は10月6日、ペットのしつけに使う首輪型電気ショック製品「ショックカラー」の販売を停止すると発表した。店舗と通販ショップから製品を撤去し、今後はトレーナーによる指導プログラムなどを普及させていく。ロン・コフリンCEOは「電気は電子レンジを動かすために重要なものだが、一般の飼い主による犬の訓練には役立たない」とコメントし、同業他社も追随するよう呼びかけている。

#StoptheShock

ショックカラーの販売規制などを呼びかけるPetcoのキャンペーンページ

ショックカラーは無駄吠えや問題行動などをなくすために取り付ける首輪型電気パルス製品。センサー感知型のほか、リモコンによる遠隔操作型の製品が販売されているという。

コフリンCEOはプレスリリースの中で「ショックカラーはペットの恐怖や不安、ストレスを増大させることが示されている」とし、使用する必要がある場合は専門のトレーナーのみが利用できるように法規制すべきだと主張。SNSで消費者に「#StoptheShock」への賛同を呼びかけたほか、同社ホームページ上で署名運動を展開している。

同社は来年までに企業ブランドを「Petco、The Health + WellnessCo。」に変更し、ペットの健康と福祉に役立つサービスの提供を目指す方針。コフリンCEOは「ショックカラーの販売は我々の目指すものと逆行する。有害な製品を提供しないことは、ペット業界に携わる我々の責務だ」と強調した。ショックカラーに代わる訓練法として、専門家が指導するオンラインプログラムや関連製品を普及させていくという。

ペトコが設立したペット福祉財団のメンバーでバーナード大学に所属するアレクサンドラ・ホロウィッツ博士は「ショックカラーは見当外れで時代遅れで有害な製品。店から撤去し、専門家によるトレーニングを推奨する取り組みは有益だ」とコメントしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    SNSや動画投稿サイトでキッズインフルエンサーが人気を集める中、米連邦取引委員会(FTC)は10月にc
  2. 塩
    千葉市は昨年度に始めた食品各社との減塩に関する普及啓発事業について、今年度も締結先を拡大して継続実施c
  3. 炭酸飲料
    英政府は5月14日、肥満対策として打ち出した「不健康な食品の取引・広告に関する規制」について、一部延c
  4. イベント
    日本ヒーブ協議会は4月15日、今年度定時総会と記念講演会を開催、今後の活動方針を決めた。総会では代表c
  5. U.S. PIRG
    ◎GAPやPVHが段階的廃止を表明 環境中で分解されにくいことから「永遠の化学物質」と呼ばれるPFc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る