消費者団体がアクリルと毛の違いを検証 マフラーなどテスト

冬のニット素材としてアクリルを使った製品が多く販売されていることから、北海道消費者協会は天然素材の毛と比較する商品テストを実施した。

マフラーとストールを用いて、保温性や吸湿性、耐洗濯性などを検証した結果、アクリルは価格が安い、乾きやすい、縮まないという取り扱いやすい特徴があったが、静電気が起きやすい、蒸れやすいなどのデメリットも確認された。一方、毛は洗濯すると縮みやごわつきが発生するものの、高い吸湿性と安定した保温性を合わせもつ機能性が優れていた。同協会は「特性を踏まえて購入の際の参考にしてほしい」とアドバイスしている。

北海道消費者協会マフラーストールテスト

テストしたマフラー・ストール。上段がアクリル、下段が毛(北海道消費者協会提供)

テストしたのは市販のアクリル製ストール・マフラー4銘柄と毛のマフラー3銘柄。購入価格はアクリルが平均1620円、毛が平均2953円と毛の方が高額だった。

テスト結果によると、吸湿性(湿気の吸いやすさ)はアクリルが平均0.7%、毛は平均11.6%となり、約17倍の開きがあった。

保温性(暖かさ)はアクリルが平均53.8%、毛は平均62.7%となり、毛の保温率が若干高めだった。また、毛はすべての銘柄が60%以上あり、ばらつきが少なかったが、アクリルは44.4%~63.6%とばらつきが認められ、銘柄により差があった。

ピリング(毛玉のできやすさ)はアクリルと毛に大きな差はなかったが、洗濯後の乾燥性(乾きやすさ)と耐洗濯性(洗濯のしやすさ)、風合いの変化については結果に差がみられた。

洗濯後、乾燥率95%以上になるまでに要した時間はアクリルの平均83分に対し、毛は平均140分。毛はアクリルの約1.7倍乾くのに時間がかかった。また、アクリルは洗濯10回後も寸法変化がほとんどなかったが、毛は洗濯回数が増えると縮みが大きくなった。風合いについても、アクリルは洗濯後の変化がなかったのに対し、毛は若干のごわつきが発生し、風合いが変化した。

静電気については、アクリルは洗濯1回後からたたむ際にぱちぱちと静電気が発生したが、毛は発生せず、吸湿率が低いと帯電しやすいことが原因と考えられた。

これらの検証を踏まえ、同協会は「アクリルは価格が安い、軽い、洗濯しても縮まない、風合いの変化がない、乾きやすいという取り扱いやすい特徴があった」と報告。一方、「合成繊維であるため、ほとんど吸湿性がなく、高い吸湿性を持つ毛と比較して静電気が起きやすい、蒸れやすいなどのデメリットがある」とアドバイスした。

毛は洗濯後の縮みやごわつきが発生するものの、「高い吸湿性と安定した保温性を合わせもつ機能性が優れていた」と報告した。同協会はそれぞれの特性を踏まえて購入の参考にしてほしいとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ダイソン偽サイトトップページ
    実在の通信販売サイトをかたった偽サイトなどに対し、消費者庁は10月21日、当該サイト名を公表し、被害...
  2. rice
    消費者庁は10月20日、農産物の検査規格見直しに伴い、玄米、精米の表示制度の見直しも必要になることか...
  3. ダイドー足操作自動販売機
    コロナ禍の公衆衛生意識の高まりを受け、ダイドードリンコが足による操作で購入できる「足操作自動販売機」...
  4. 脚立の誤使用事例
    脚立やはしごで作業中、バランスを崩すなどして転倒・転落する事故が2019年度までの10年間に398件...
  5. 香港消費者委員会
    消費者保護機関の香港消費者委員会は10月15日、市販の乾燥スパイス37点をテストした結果、約2割から...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る