ミツカン、「もったい鍋」で食品ロス削減 京都市とメニュー開発

ミツカングループは10月1日、余らせがちな食材を活用し、美味しく食品ロスを減らせる「もったい鍋」メニュー12種類を京都市と共同開発したと発表した。今年8月に結んだ「食品ロス削減への取組の連携に関する協定」に基づく取り組みの第一弾。メニューを紹介したガイドブックの配布や人気投票キャンペーンも展開し、家庭での実践を呼びかけていく。

もったい鍋ガイドブック

ミツカンと京都市が共同開発した「もったい鍋」メニューが紹介されているガイドブック

京都市では2019年度に6.1トンもの食品ロスが発生。ピーク時(2000年度)に比べて4割近く削減したものの、更なる削減をめざし取り組みを推進中。ミツカンとの連携により、家庭での取り組みを加速させたい考えだ。

共同開発した「もったい鍋」は全12種類。「野菜丸ごと使い切り鍋」、「余った野菜の使い切り鍋」、「余ったご飯や麺を有効活用」の3つのテーマを設け、それぞれ4種類のメニューを用意した。余りがちな食材や普段は取り除かれる葉や芯などに注目し、これらの食材を使い切り、おいしく簡単で作ってみたいと思わせるメニューに生まれ変わらせた。

「大根のハッセルバック鍋」は大根の葉を丸ごと使用。ミツカン「ごま豆乳鍋つゆストレート」と味ぽんを使い、誰でも簡単に作ることができる。ほうれんそうを茎まで一束使い切る「とんこつしょうゆ鍋」、キャベツを芯まで丸ごと使い切る「巻かないロールキャベツ鍋」など、バラエティーに富んだメニューが並ぶ。

共同開発した京都市環境政策局ごみ減量推進課の小野理恵さんは「今回の『もったい鍋』を京都市民のご家庭で実践していただき、より一層『もったいない』精神を大切にしていただければと思います」と期待を寄せた。

周知に向けた取り組みの一環として、レシピ紹介冊子「もったい鍋!ガイドブック」を京都市内のスーパーマーケットを中心に配布。さらに、ミツカン商品詰め合わせが当たる「もったい鍋!人気投票キャンペーン」を10月末まで開催する。キャンペーンサイトではそれぞれのレシピが紹介されている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る