映えを意識 20代、薄毛対策に高い関心 アートネイチャー調査

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

中年以上の年代で関心が高いと思われた「薄毛対策」が、むしろ20代の若者層で関心が高まっていることが、アートネイチャーの「薄毛のケアに関する調査」でわかった。インスタ映えなど見た目をコミュニケーションツールとして重要視していることが背景にあるとみられ、月に5000円以上を頭髪ケアにかける割合も全年代の中で最も高くなった。

調査は今年1月、全国の20歳~59歳の男性400人を対象に実施した。

その結果、「加齢とともに起こる変化のうち、最も抵抗ある変化」について、「薄毛」が57.8%と最も多く、2番目に多かった「白髪」(11.3%)とは大きな差が開いた。20代でも「薄毛」と答えた人が52%に上り、男性全体で「薄毛」は見た目年齢を大きく左右するという意識があるとみられた。

自身の頭髪について、薄毛が「とても気になる」人は全体の34%、「やや気になる」人は40.8%で、合わせて74.9%に達した。20代でも同様の傾向となった

頭髪の薄毛が「とても気になる」「やや気になる」との回答者に現在行っている髪・頭皮のケアについて聞いたところ、他の年代と20代の傾向に違いがみられ、全体と比べて20代は何かしらのケアをしている人が多い傾向となった。特に「発毛剤」は全体が11.3%なのに対し20代は13%、「サプリメント」は全体が6.8%、20代が9%、「AGA治療」は全体が6.5%、20代が11%で、若い頃から髪や頭皮ケアにお金をかける意識が根付いていることが明らかになった。

また、1カ月の間に髪・頭皮のケアにかける金額でも、「5000円以上」と回答した割合は20代が31%と全年代の中で最も高く、「1万円以上2万円未満」も20代が9.9%となり、全体よりも1.8倍多い結果となった。

一方で、髪や頭皮のケアに関心があるものの「何も行っていない」との回答が全体で4割近くあり、その理由として「正しいやりかたがわからない」との回答が4割以上に達した。

調査結果について、アートネイチャーは「20代は、インスタ映えや自撮りなど見た目そのものがコミュニケーションツールとして大きな役割を持つ人たち。また、子供の頃から、高機能な育毛剤や発毛剤、AGA治療など本格的な薄毛ケアが選択できる環境の中で育ってきたこともあり、『若いころから本格的な薄毛ケアをした方が、後で後悔しない』という共通認識が生まれているのかもしれない」と分析している。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. PL対策推進協議会第二回大会
    PL研究学会(大羽宏一会長)の協賛団体でリコール体制の整備や製品事故の未然防止活動に取り組むPL対策c
  2. 半導体不足により自動車メーカー各社が減産に追い込まれる中、米消費者団体コンシューマー・リポートは「今c
  3. 国民生活センター山田昭典理事長インタビュー
    ■消費者月間特別インタビュー コロナ対策を整備 成年年齢引下げ見据え若年消費者への注意喚起積極化 c
  4. 伊藤明子消費者庁長官インタビュー
    ■消費者月間特別インタビュー 食品ロス削減・エシカル消費・消費者志向経営を推進 長引くコロナ禍の中c
  5. ニッポン消費者新聞2021年1月1日号
    消費者月間特別インタビュー 伊藤明子・消費者庁長官 「消費者被害防止、厳正に対処」 ~悪c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る