ブルボン、創立100周年ロゴ 麦と稲穂を用いたデザイン

1924年創立のブルボン(新潟県柏崎市)は創立100周年の節目を迎えるのを機に、特別ロゴを制作した。設立当初から製造してきたビスケットと米菓の原料である“麦と稲穂”をあしらったデザインとし、ブルーラインで“未来への懸け橋”を表現した。同社は「これからも『おいしさ、思いやり、いつもいっしょに。』を次の世代に繋げてまいります」としている。

ブルボン創立100周年ロゴ特別ロゴは、麦と稲穂が黄金色に実った“豊かさ”と、これまでの“感謝”とをモチーフにしたデザイン。麦が天に向かって凛と成長する「たくましさ」と、実るほどに穂が下がる水稲のような「謙虚な心」を、“未来への懸け橋”であるブルーラインに乗せて、次世代にも届けたい思いを込めた。

ブルボンはこれまでの歩みを振り返ることのできる「ブルボン創立100周年記念スペシャルサイト」を同時に公開。さらにブルボンメタバースも特別デザインを施し、様々なコンテンツを追加していく予定だ。

(本紙「ニッポン消費者新聞」2月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 水
    米国立衛生研究所(NIH)が今年1月に公表した研究成果によると、市販のボトル入りウォーター1リットルc
  2. 消費者安全調査委員会
    消費者安全調査委員会(消費者事故調、中川丈久委員長)は4月25日、スポーツジムなどで発生している「パc
  3. PFASワーキンググループ
    食品安全委員会のPFASワーキンググループは4月26日、第8回会合を開き、「PFAS(有機フッ素化合c
  4. 米国の保険関連非営利組織「国家保険犯罪局」(NICB)は5月9日、盗難車に関する2023年報告書をまc
  5. 伝統的易学業界
    国民生活センターも参加、トラブル事例を解説 伝統的な易学の研究・普及に取り組んでいる占い関連団体がc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る