宝酒造「料理のための清酒」 糖質・食塩ゼロでうまみアップ

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

宝酒造は「タカラ『料理のための清酒』糖質ゼロ500mlらくらく調節ボトル」を全国で新発売した。消費者の健康志向や食の安心・安心意識の高まりを背景に、糖質ゼロでありながら、うま味成分をアップした食塩ゼロで国産米100%を実現した。無駄なく注げる調節ボトルを採用し、使い勝手にもこだわった。

タカラ「料理のための清酒」糖質ゼロ500mlらくらく調節ボトル近年、健康志向を背景に、糖質制限・減塩レシピに最適な調味料を求める消費者が増加。また、食に対する安心・安全意識の高まりにより、国産の原材料を使った食品も注目を浴びている。

新商品の「タカラ『料理のための清酒』糖質ゼロ500mlらくらく調節ボトル」は、こうしたニーズに対応した料理用清酒。糖質ゼロを実現しながら、同社清酒と比べてうまみ成分(コハク酸)を約20%アップさせた。また、食塩ゼロ、国産米100%にもこだわった。

有機酸やコハク酸を豊富に生み出す同社独自の「うまみアップ酵母」を使い、素材の生臭みを消してコクとうまみを与えることで料理をおいしくする効果に優れている。使い勝手にもこだわり、容器には細口&広口の二段式キャップを採用。注ぎたい量を無駄なく注げるようにした。

同社は「原材料や造り、容器の使いやすさなど、わかりやすい付加価値をもった商品を取りそろえることで、多様化する消費者ニーズに対応し、『タカラ料理のための清酒』の更なるシェア拡大とブランド育成に努めていく」としている。

アルコール分13.0度以上14.0度未満。原材料は米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール。500mlペットボトル(らくらく調節ボトル)入りで参考小売価格411円(税抜き)。

(本紙9月1日号より転載)

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc
  2. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2021年度の県内消費生活相談状況によると、定期購入に関する苦c
  3. 消費者教育教材資料表彰2022
    消費者教育支援センターは6月27日、都内で「消費者教育教材資料表彰2022」の表彰式を開催し、最高賞c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEが実施した調査で、大手小売り3社が店内に顔認証機能付き監視カメラを設置しc
  5. 上部隆男さん
    東京都消費生活総合センターで6月21日、ガラス製品のトラブル事例を体験する実験実習講座が開かれ、参加c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る