冷食で簡単・時短調理を提案 冷食ONLINEのレシピ特集

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で在宅時間が増える中、販売を伸ばしているのが家庭用の冷凍食品。冷凍庫から取り出して、さっと調理できるのが大きな魅力だ。日本冷凍食品協会(東京都中央区)は消費者向けの冷凍食品情報サイト「冷食ONLINE」で簡単・時短レシピを特集し、忙しい時や疲れた時、暑い夏の調理軽減に冷凍食品の活用を提案している。

冷食ONLINEで簡単・時短調理特集

スマートフォンからも閲覧できる日本冷凍食品協会の情報サイト「冷食OMLINE」

冷凍食品は買い置きができる上、急速凍結により旬の栄養価をしっかり保持するという優れた特性がある。また、洗う・切る・加熱するなどの前処理がしてあるので、調理の手間が省け、時短が可能。食べたい時に必要な分だけ使うことができるので食品ロス削減にも貢献できる。こうした手軽さや安全面などの認知度が向上し、近年は子育て世帯や高齢世帯をはじめ、単身世帯、働く女性などから支持を伸ばしている。

こうした中、「冷食ONLINE」で簡単・時短レシピを特集。「いつもの食卓を冷凍食品で調理時間を短縮させ、自分の時間や家族の団らんの時間の充実につなげてほしい」と呼びかけた。

紹介されているレシピはいずれもスピーディに作れるものばかり。例えば「超簡単!水餃子マヨポン」は冷凍水餃子をお湯で茹で、ぽん酢とマヨネーズをかけるだけ。もちもちとした皮が主食代わりにもなる。また、「超簡単あんかけ焼きそば」は、冷凍中華丼の具をカリっと焼き上げた焼きそば麺に乗せた本格メニュー。具だくさんで食べ応え抜群だという。初心者でもあっという間に作れるのも大きなポイントだ。

同サイト内の特集では、消費者に関心の高いテーマを取り上げ、タイムリーに情報を発信している。在宅介護に精通した管理栄養士による、「在宅介護と冷凍食品」では栄養のある冷凍食品の活用を提案。「解決!冷凍食品の解凍にまつわる疑問」では電子レンジの正しい使い方などを伝授している。

冷凍食品は「手抜きではなく手間抜き」。家庭用の生産量が年々増加しており、販路もコンビニやドラッグストアなどに拡大中。日本冷凍食品協会は「冷食ONLINE」や毎年恒例の「冷凍食品の日」などを通して、さらに身近になった冷凍食品の活用を呼びかけていく方針だ。

(本紙「ニッポン消費者新聞」7月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  2. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...
  3. 次亜塩素酸化学工業会
    感染症対策として空間噴霧による次亜塩素酸水の活用を目指し、消毒薬剤メーカーなど12社が一般社団法人次...
  4. 新栄養成分ラベル
    米国の栄養成分表示が約20年ぶりに大幅に改正され、今年に入って大手企業を対象に一部施行されたことを受...
  5. 消費者庁徳島オフィス
    ■恒常的機関との位置づけ 国際消費者政策研究センターも設置 消費者庁は7月30日、徳島市に「新未来...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る