味の素、発売50周年のほんだし刷新 具だくさんみそ汁に対応

味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁のニーズの高まりを反映し、素材を引き立て、味をまとめておいしく食べられるよう、だしの香りと風味を向上させる。8月下旬から順次発売を開始し、主菜にもなるみそ汁の価値をアピールしていく。

時短・簡単ニーズや食の洋中化を受け、和食メニューの食卓出現頻度は大幅な減少傾向が続いてきたが、2018年度以降、みそ汁の喫食頻度は増加に転じていた。子育て世代を中心に、「忙しいのに簡単手軽に作れる」「野菜がたくさん摂れて栄養がある」などの理由で、これまでの脇役的な存在からメインの「具だくさんおかず」という位置づけに変化したことが背景にあるとみられる。

味の素ほんだし

具だくさんみそ汁の素材を引き立たせるため、だしの香りと風味を向上させた「ほんだし」

こうしたニーズを受け、味の素は9月から「うちの満菜みそ汁」をコンセプトに、具だくさんみそ汁の価値を伝える取り組みを新たに開始する。

これを後押しするのが発売50周年を迎える「ほんだし」のリニューアルだ。具だくさんでもだしが効いて、素材の味を引き立てて、さらに全体の味をまとめてよりおいしく仕上がるよう、かつおの節やエキスを改良し、だしの香り・風味を向上させた。また、パッケージも一新。「おいしさ決める3種のかつお節」「削りたての香り」というキーワードを記載し、原料や品質の特長を表現したほか、四季折々の彩り豊かな和食をイメージさせる華やかなデザインに仕上げた。

同社は「肉や魚、野菜を一つのお椀で食べることができて、主菜にもなるみそ汁の価値を訴求していきたい」としている。

(本紙「ニッポン消費者新聞」8月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. PFASワーキンググループ
    食品安全委員会のPFASワーキンググループは4月26日、第8回会合を開き、「PFAS(有機フッ素化合c
  2. 米国の保険関連非営利組織「国家保険犯罪局」(NICB)は5月9日、盗難車に関する2023年報告書をまc
  3. 伝統的易学業界
    国民生活センターも参加、トラブル事例を解説 伝統的な易学の研究・普及に取り組んでいる占い関連団体がc
  4. 消費者庁デジタル班
    詐欺的定期商法など排除へ 事業者への注意喚起通知1600件 インターネット通信販売に関するトラブルc
  5. U.S. PIRG
    プラスチック製品に欠かせない原材料「プラスチックペレット」の環境への放出を禁止する法案が米下院で支持c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る