<キユーピー>食品ロス削減へ「年月表示」開始

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

食品ロス問題が国際課題として注目される中、キユーピーは市販用介護食のうちレトルトパウチ47品目をこれまでの「年月日表示」から「年月表示」へ変更する。あわせて47品目の賞味期間を延長し、返品や廃棄の削減をめざす。同社の年月表示は初。今年9月製造分から実施する。

キユーピー年月表示キユーピーは2016年にマヨネーズの賞味期間延長を実施したが、年月表示を実施するのは今回が初めて。対象となる「やさしい献立シリーズ」は品目が多く賞味期間が比較的長いことから、年月表示による流通から店頭までのオペレーションの簡素化が期待できるとしている。

あわせて、同品目の賞味期間の延長にも取り組む。賞味期間が12カ月の商品は13カ月へ、18カ月の商品は19カ月へと1カ月延長し、返品や廃棄の削減につなげていく(「かまなくてよい」のなめらかごはんのみ12カ月から19カ月へと変更)。

日本国内で発生する食品ロスは年間約646万トン(2015年度、農水省・環境省推計)。国際的にも食品ロスの削減が課題となっており、2015年9月の国連サミットでは「持続可能な開発目標(SDGs)」の一つとして取り上げられた。

キユーピーは2011年から、製造業・卸売業・小売業各社が集まる「製・配・販連携協議会」において返品削減などの協議に参画。16年には看板商品のキユーピーマヨネーズ(一部容量)とキユーピーハーフの賞味期間を10カ月から12カ月に延長するなど食品ロス削減に向けた取り組みを展開している。

(本紙「ニッポン消費者新聞」7月1日号より転載)

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. CPSCが警告した子ども用ラウンジャー
    弾力性のある椅子の一種、ラウンジャーを使っていた乳児が窒息死する事故が2件発生したとして、米消費者製c
  2. ACAPわたしの提言
    企業の消費者担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長)は1月2c
  3. コンシューマーリポート
    パンデミックで冷凍野菜・果物の売上が伸びる中、米国の消費者団体コンシューマー・リポートが369アイテc
  4. 主婦連合会
    消費者庁が1月21日までパブリックコメントを実施した「食品添加物の不使用表示に関するガイドライン案」c
  5. 消費者庁
    消費者庁は1月20日、大幸薬品が販売するウイルス除去・除菌の効果を謳った商品に対し、効果を示す合理的c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る