各国の消費者団体でつくる国際消費者機構(コンシューマーズ・インターナショナル、CI、本部・ロンドン)は6月30日、7カ国の7団体が新たに加盟したと発表した。アジアからはフィリピンとミャンマーの消費者2団体が加入。CIはツイッターで「新たなメンバーを歓迎!」と喜びのつぶやきを書き込んだ。

CIによると、ミャンマーからは旧首都ヤンゴンを拠点に活動する「ミャンマー消費者連盟」(ミャンマー・コンシューマー・ユニオン、MCU)が加盟。同国で初のCIメンバーとなった。フィリピンからは消費者保護団体「ラバン・コンシューマー」が加入。同国では2005年にフィリピン貿易産業省(DTI)消費者保護局が加盟しており、2団体目となる。

東南アジア以外では▽国立消費者権利保護局(バングラディシュ)▽ノルウェー消費者委員会(ノルウェー)▽消費者基金協会(パプアニューギニア)▽全国消費者連盟「PULSE(パルス)」(ウクライナ)▽消費者権利保護のための社会連合(ウズベキスタン)――の5団体が加盟した。

CI加盟団体は100カ国以上、200以上にのぼる。日本では現在、全国消費者団体連絡会、日本消費者連盟、消費者法ニュース発行会議、消費者ネットジャパン(じゃこネット)の4団体がメンバーとして活動している。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. toast
    日本パン公正取引協議会は7月18日、イーストフードや乳化剤の「無添加」「不使用」の強調表示について、...
  2. 郵便ポスト
    企業の消費者担当部門の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長...
  3. ホワイトハウス
    米環境保護局(EPA)は7月17日、大気汚染に関する年次報告書をまとめ、大気汚染防止法が制定された1...
  4. コイン
    「利用料金が未納」などのメッセージをSMSで送り付け、電話をかけてきた消費者にニセの消費生活センター...
  5. 国民生活センター
    国民生活センターはインターネットを活用した消費者からの情報収集ツールとしてホームページ上に設置してい...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る