<ダイドー>ショートケーキを飲料化 振る回数で食感が変化

ダイドードリンコが王道スイーツをまさかの飲料化した。その新製品とは、いちごのショートケーキの味わいを再現した新感覚デザート飲料「コクGrand time ふって飲む甘美なショートケーキ」。11月28日から順次、JR東日本のエキナカにある「アキュア」の自販機にて限定販売する。

ダイドー「コクGrand time ふって飲む甘美なショートケーキ」

甘いスポンジの香りも楽しめる新感覚のデザート飲料だ

新商品は、デザート飲料ブランド「コクGrand time(グランタイム)」から登場。ショートケーキのような味わいが手軽に楽しめる飲料となっている。福岡県産いちごと北海道産生クリームの贅沢な味わいが特長で、振る回数で食感が変わり、好みの味わいを追求できる。

ストレスを抱える社会人が、飲料に気分転換や癒しを求める傾向があることに着目。1161人を対象とした消費者アンケートでは、好きなケーキの種類としてショートケーキをあげる人が最も多かったことから、ショートケーキの味わいを再現した新感覚デザート飲料の開発に着手した。

爽やかないちご、なめらかな生クリームのコク、甘いスポンジの香りが感じられるよう工夫した。人気の高い福岡県産のいちご「あまおう」のエキスと北海道産生クリームを使用することで、大人向けスイーツのような味わいを実現。振る回数で中身の柔らかさが変わるので、好みの食感に調整が可能。飲むたびに新たな発見がある、これまでにない飲料だという。

開発者は「ショートケーキを飲料で再現することは難易度が高く、あきらめず何度も試作にトライしました。これまで味わったことのない新食感と、いちごと生クリームの甘さが、疲れたあなたにひとときの癒しをお届けします」とアピールしている。

165gボトル缶、160円(税込み)。JR東日本のエキナカを中心に展開している「acure(アキュア)」の自動販売機で順次、販売していく。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)が1979年に開始した自動車アセスメントプログラムが今年で40...
  2. ペットボトル協働回収
    全国清涼飲料連合会(全清飲)は11月の1カ月間、自販機横に設置している「空容器リサイクルボックス」の...
  3. 地方消費者行政調査結果
    消費者庁は10月17日、「令和元年度地方消費者行政の現況」についての調査結果を発表。地方の消費者行政...
  4. パスタ
    米国消費者情報誌コンシューマーリポートは10月17日、パスタはダイエットを妨げるものではないとする記...
  5. キューサイの新ロゴを発表する神戸聡社長
    キューサイ株式会社(本社・福岡市中央区、神戸聡社長)は10月16日、今月創業55年目を迎えたことを契...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る