アサヒビール、6缶用「エコパック」初採用 再来年本格展開へ

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

スーパードライでテスト販売 紙の使用量大幅削減

アサヒビールは10月15日、6缶パックの紙の使用量を大幅に削減した新資材「エコパック」を採用すると発表した。同19日から同資材を使用した「アサヒスーパードライ エコパック」を一部店舗でテスト販売し、検証の結果を踏まえて、2023年からの本格展開を目指す。容器・包装において省資源化の取り組みが世界中で加速する中、環境負荷を低減する資材を積極活用して、SDGsの達成と持続可能な社会の実現に貢献したいとしている。

アサヒビール「エコパック」

新資材の「エコパック」は缶の上部のみ固定する紙資材で、缶容器の6缶パックとしては日本初展開。19日から「アサヒスーパードライ エコパック」をドラッグストア「ウエルシア」「ハックドラッグ」、スーパーの「ライフ」(首都圏)の一部店舗にてテスト販売し、消費者の購入意向や使い勝手などを検証していく。

「エコパック」を採用することで、従来の6缶パック資材と比べて、使用する紙の面積が350ミリリットル缶の6缶パックで77%、500ミリリットル缶の6缶パックで81%削減できる。また、使用する紙の重量は350ミリリットル缶の6缶パックで65%、500ミリリットル缶の6缶パックで73%の削減を実現できる。

同社が製造する6缶パックすべてを新資材に切り替えた場合、年間で紙の使用量を約8800トン、資材製造に伴う二酸化炭素排出量を7400トン削減できる見込み。テスト販売の結果を踏まえ、2023年以降、幅広い流通での展開や「スーパードライ」以外のブランドにも採用するなど本格展開を目指す。本格展開に向けて9億円を投資し、茨城工場などで量産化に必要なパッケージング設備の導入を進める予定だ。

アサヒビールが使用する6缶パック資材は年間およそ4.6億枚。1995年に6缶パックを採用して以降、軽量化を進め、当初、紙の重量が1枚当たり34.6グラム(350ミリリットル缶用)あったが、16年には27グラムにまで削減していた。

(本紙「ニッポン消費者新聞」11月1日号より転載)

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア連邦裁判所は11月29日、雇用関係に関する助言サービス事業者「エンプロイシュア(Empc
  2. スマートフォン
    英国の消費者団体Which?は11月24日、ほぼすべてのインターネット接続製品にセキュリティ対策を求c
  3. vzbv
    修理代が高く、修理する場所も少ないなどの理由から靴の多くが捨てられているとして、ドイツの消費者団体vc
  4. 主婦連サプリメント学習会
    薬害防止活動に尽力する薬剤師の藤竿伊知郎さんが11月24日、主婦連合会主催の学習会で講演し、健康食品c
  5. sns
    豪州の消費者団体CHOICEは11月16日、投資アプリのマーケティング戦略に注意を呼びかけた。宝くじc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る