【米国】電気自動車税の導入広がる動き ガソリン税の穴埋めに

ガソリン車から電気自動車への転換が加速する中、米国では税制度上の新たな問題が浮上している。これまでガソリン税で賄われてきた高速道路の運営費用をどのように負担してもらうのか――という問題だ。すでに一部の州では電気自動車に「走行税」などの形で重い税金を課しており、消費者団体が制度のあり方を巡って反発を強めている。

消費者情報誌コンシューマー・リポートは電気自動車税に関するレポートを発表し、「電気自動車に対して不公正な税金を課すのは問題だ」と指摘した。同誌の調査によると、電気自動車税はガソリン車の所有者が支払うガソリン税よりも高額に設定されるケースが多く、いくつかの州では3~4倍を徴収していることが判明。一方で、電気自動車税の効果は低く、州の高速道路整備費用のわずか0.04%にしかならないという。

同誌は「電気自動車税は多くの場合、ガソリン税を補う制度として正当化されているが、このアプローチは高速道路の費用不足を補うのに効果的でない上、懲罰的な制度であり、電気自動車の普及促進を妨げるおそれがある」と指摘。「消費者が不公平感を感じることなく、安全で信頼性が高く、環境にやさしい自動車を選べる環境づくりを補完する制度にすべきだ」と訴えている。

米国では2025年までに18州で電気自動車税が導入される見通しで、さらに8州が現在、導入を検討中。税制、環境、経済など様々な分野に関連する問題でもあり、今度も激しい議論が予想されるという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  2. フランス消費者同盟
    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  3. エシカル通信簿結果発表会
    消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(京都市)は3月17日、毎年恒例となった第4回「企業の...
  4. 国民生活センター
    国民生活センターは、今後の地方消費者行政推進の核となる「消費者安全確保地域協議会」(見守りネットワー...
  5. 第4期消費者基本計画
    新型コロナウイルス感染問題が消費生活に重大な脅威を及ぼす中、3月27日、消費者庁は2020年度から2...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-3

    【英国】自宅待機中はアレクサ活用を 子どもの遊び相手にも

    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  2. フランス消費者同盟

    2020-4-3

    【欧州】プリンター、外出制限後に価格上昇 許可書の印字で

    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  3. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  4. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
  5. 国際消費者機構(CI)

    2020-3-30

    CI、医療・食品・正確な情報へのアクセス確保を要求

    新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、消費者団体の世界的組織「国際消費者機構」(CI、本部・ロン...
ページ上部へ戻る