【米国】教育と注意喚起では詐欺被害減らない NCLが議会証言

詐欺被害の防止に取り組む米国の消費者団体、ナショナル・コンシューマーズ・リーグ(NCL)のジョン・ブレイオー氏が2月1日、連邦議会上院の銀行・住宅・都市問題委員会で証言し、詐欺に対する消費者保護の強化を訴えた。ブレイオー氏は「米国は詐欺との戦いに勝ててはいない」と語り、詐欺に悪用されている決済アプリや暗号資産(仮想通貨)への法規制を求めた。

ブレイオー氏が詐欺対策について議会で証言するのは今回が4回目。2021年に同委員会で証言した際には、支払いツールに悪用されている個人間送金決済アプリ(Zelle、Venmo、Cash App、PayPalなど)に警告を発して、議会に対策を求めていた。ブレイオー氏は「残念ながら前回の警告後、問題は悪化するばかりだ。消費者教育をいくら行っても、注意喚起を工夫しても、支払い手続きに若干の壁を設けても、それだけではこの問題は解決しない」と指摘した。

米連邦取引委員会(FTC)の統計によると、2022年の詐欺相談件数は540万件で、1件当たりの被害額の中央値は2020年から2倍近くに増えていた。ブレイオー氏は「規制の網がかかっていない新たなテクノロジーの出現が被害を助長している」とし、わずか2年で被害額が10倍に急増している暗号資産については、迅速な規制が必要と訴えた。

ブレイオー氏は「残念ながら時代錯誤の詐欺対策が行われている。消費者保護にコストをかけないプラットフォーマーが利益を得て、被害者だけがそのコストを負担している状況だ」とし、決済アプリ事業者や暗号資産取引事業者に対し、クレジットカードと同等の消費者保護制度を導入すべきだと主張した。

証言の中で、ブレイオー氏は「詐欺の被害を過小評価してはならない。たった1件の詐欺が被害者の人生を変え、深いトラウマをもたらし、命を奪うことすらある」とも指摘している。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る