味の素、「捨てたもんじゃない!」グルメグランプリ開催

◎フードロス削減へ47都道府県と連携 29日まで一般投票受付

味の素は全国47都道府県の自治体と連携し、「捨てたもんじゃない!」グルメグランプリを開催している。余りがちなご当地食材を無駄なく使い切る47のレシピを使ったアイデアグルメを特設サイトで公開し、一般投票の結果をもとに1位を決定する。フードロス削減につながるレシピの認知度を高め、家庭での実践を促す狙い。2月29日まで投票を受け付け、3月に結果を発表する予定だ。

味の素捨てたもんじゃない!グルメグランプリ

国内における2021年度のフードロス量は約523万トンで、そのうち47%が一般家庭からのもの。味の素はフードロス削減プロジェクト「TOO GOOD TO WASTE~捨てたもんじゃない!~」を展開し、製品の製造過程で発生するフードロスの削減や家庭でのフードロス削減の応援に取り組んでいる。今回のグルメグランプリもその一環。

グルメグランプリ特設WEBサイトにはすでに47のアイデアグルメが公開されており、いずれもご当地食材を活かしたもの。熊本からはさつまいもを皮ごと使った「さつまいもとツナのコンソメ炒め」、埼玉からは深谷ネギを使った「ネギの青い部分で!パラっと炒飯」、奈良からはそうめんを無駄なく使った「ほうれん草のにゅうめん」がエントリーしている。さらに、フードロス削減のために立ち上がった全国のご当地キャラがサイト上に集結。シンガーソングライターのコレサワさん作詞・作曲のオリジナルテーマソングに合わせて、それぞれの地元食材の使い切りレシピを紹介する。

1月9日から始まった一般投票は2月29日までの受付。同社が運営する双方向型食コミュニティサイト「AJINOMOTO PARK」内の特設WEBサイトから投票できる。「食べてみたい」「応援したい」と思ったアイデアグルメを選び、「このグルメに投票する」ボタンを押すと投票完了となる。さらに、投票結果をSNSでシェアすることでご当地食材が100名に当たるキャンペーンも実施する。投票方法やキャンペーンの詳細は捨てたもんじゃない!グルメグランプリ特設WEBサイト参照を。

(本紙「ニッポン消費者新聞」2月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比4.4%減の4万6908件だっc
  2. 日本生協連
    ◎エシカル消費対応商品は9%増と伸長 日本生活協同組合連合会がまとめた全国117主要地域生協の20c
  3. 東レインターナショナル片岡社長
    東レ100%出資のメーカー商社、東レインターナショナルは6月13日、グループ初となるアップサイクル事c
  4. 消費者庁
    ◎消費者庁、景品表示法に基づく法的措置概要を公表 消費者庁が公表した景品表示法に基づく法的措置概要c
  5. みそ汁・スープのやけどに注意
    6月11日に閣議決定された水産白書によると、2022年度における魚介類の1人1年当たりの消費量は22c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る