【欧州】蚊よけブレスレット、乳幼児は避けて やけどや発作

エッセンシャルオイルを使った蚊よけブレスレットによる事故が報告されているとして、フランス消費者同盟(UFC)は6月14日、乳幼児に使用しないよう保護者に呼びかけた。仏食品環境労働衛生安全庁(ANSES)も乳幼児への使用を避けるよう推奨している。「植物由来で害が少ない」とのイメージが先行し、殺虫剤の代替品として購入する保護者が多いという。

UFCによると、毒物管理センターに複数の事故事例が寄せられている。その多くが乳幼児によるもので、やけどや発作、発疹などの被害が起きていた。主な事例は「昼寝中にエッセンシャルオイルに長時間触れたため、頬をやけどした」「ブレスレットを装着した幼児が発作を起こした。有害成分が皮膚から血液に流れ込んだ可能性がある」、「誤ってエッセンシャルオイルを飲み込んで全身性発疹が起きた」など。製品で遊んでいた時にアロマカプセルが破れて、オイルが目に入ったという事例もあった。

蚊よけブレスレットに使われるエッセンシャルオイルにはバラ抽出物のゲラニオールやレモンユーカリ抽出物のシトリオジオール、テルペン類が含まれていて、アレルギーなどを引き起こす可能性がある。ANSEは乳幼児や妊婦、アレルギー患者の使用は避けるよう推奨している。

UFCは「蚊よけブレスレットは薬局やドラッグストアで販売されているため安全だと思いがちだが、犠牲者の多くが子どもたちだ。効果とリスクが不釣り合いな商品で、警告表示も十分でない」と指摘した。フランスでは類似の製品も多数販売されていて、虫よけ効果をうたったアロマキャンドルやエッセンシャルスプレー、紫外線ランプ、超音波機器、虫よけ用スマホアプリなども登場しているという。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 日本生協連藤井専務
    日本生活協同組合連合会(日本生協連)は10月23日、2020年上期(4~9月)の事業状況を報告し、新...
  2. 札幌
    解禁から1年が過ぎたゲノム編集技術応用食品を巡り、北海道消費者協会(札幌市、畠山京子会長)が厚労、農...
  3. 薬害オンブズパースン会議
    薬害、医療被害発生の防止活動を続ける「薬害オンブズパーソン会議」(代表・鈴木利廣弁護士)はこのほど、...
  4. AARP
    米国の高齢者団体AAPRは10月22日、「タッチレス技術で生活がもっと便利になる」として、手を触れず...
  5. ダイソン偽サイトトップページ
    実在の通信販売サイトをかたった偽サイトなどに対し、消費者庁は10月21日、当該サイト名を公表し、被害...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る