【豪州】健康格付マーク表示義務化を 宣伝文句に弱い消費者

食品の健康度合いを星を数で表す格付けマーク「ヘルススターレーティング」を巡り、豪州の消費者団体CHOICEは11月12日、制度の対象となっている食品については表示を義務付けるよう呼びかけた。消費者の多くがマークを活用する一方で、マークのない製品についてはブランドや宣伝文句、イメージ画像で健康度合いを判断し、時に誤った選択をしていることが分かったため。マークのない食品には砂糖を大量に使った不健康なものが多いと指摘している。

ヘルススターレーティングは2014年に始まった食品ラベル制度。脂肪、砂糖、塩分の含有量などをもとに食品の健康度合いを評価し、消費者が一目でわかるよう五つ星で表示する仕組み。制度開始から約5年が経過し消費者の認知も進む中、表示していない食品も多いという。

こうした中、CHOICEは包装デザインの影響を調べるアンケートを実施。その結果、企業のマーケティングに依存しやすい消費者の姿が浮かび上がった。調査によると、ヘルススターレーティングの付いた食品でさえ、52%の人はうたい文句やイメージ画像などを考慮に入れて健康に良いかどうかを判断。格付けマークのない食品では、その割合は75%に上昇した。

また、ナッツなどを使ったスナックバー4商品のパッケージだけを見せて、どれが最も健康的かを尋ねたところ、49%の人が最も有名なブランドのもの選択。この食品のレーティングは5段階中2段階と低位だったが、格付けマークをパッケージに表示していなかった。

CHOICEは「多くの消費者は格付けマークがないと、人工着色料不使用やグルテンフリー、果物だけ使用などといった強調表示やイメージ画像、ブランド名に依存する傾向がある」と指摘した。

現在、政府は制度の再点検と内容更新を検討中。2023年末までに対象食品の表示率を70%に引き上げる目標を掲げているが、同団体は「ヘルススターレーティングは食品の選択に重要な役割を果たしている」として表示の義務化を訴えている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ユニバーサルデザインフード
    将来、在宅介護をする可能性のある人を対象に介護食の認知度を調べたところ、食べやすさに配慮した「ユニバ...
  2. コンシューマーアクション
    米国の消費者団体コンシューマー・アクションの調査によると、6割近くの消費者が「プラスチックは無限にリ...
  3. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  4. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  5. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る