揺れる機能性表示食品制度 日弁連が運用見直しを意見🔒

◎事後検証データ情報公開訴訟では原告消費者が最高裁に上告理由書提出

日本弁護士連合会が1月18日に消費者及び食品安全の自見英子大臣と消費者庁新井ゆたか長官あてに提出した意見書が注目されている。「機能性表示食品の表示規制や制度の在り方」と題されたもので、機能性表示食品制度の抜本的見直しへの要請を含んでいる。機能性表示食品については消費者庁の事後検証資料の公開を求める情報公開訴訟が消費者の権利のための裁判として、地裁、高裁へと提起され、1月22日には原告消費者側が最高裁に上告理由書を提出した。日弁連の意見書は同裁判の内容や裁判の経緯も踏まえたもので、現行の機能性食品制度は「消費者への情報開示、透明性の観点から見て、表示・広告規制の運用、安全性や機能性の科学的根拠を確保するための制度の運用がいずれも不十分」とし、行政処分を含む法運用の強化、消費者への情報開示の積極化などを提案した内容。最高裁に上告している原告消費者は「判決は一審、二審とも原告一部勝訴だが、消費者が商品を選択する際の肝心の情報は非公開のまま」とし、日弁連意見書が事態改善にどう寄与していくか、注視している。

佐野真理子さん

消費者問題リレー報告会で「機能性表示食品事後検証データ情報公開訴訟」の意義や課題を報告する佐野真理子さん(1月27日)

機能性表示食品の事後検証資料の公開を求めて最高裁で争っているのは「食の安全・監視市民委員会」共同代表の1人・佐野真理子さん。弁護団には、神山美智子、中下裕子、中村晶子、成嶋悠子さんら……(以下続く)

(本紙ニッポン消費者新聞2月1日号「コンシューマーワイド」欄より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比4.4%減の4万6908件だっc
  2. 日本生協連
    ◎エシカル消費対応商品は9%増と伸長 日本生活協同組合連合会がまとめた全国117主要地域生協の20c
  3. 東レインターナショナル片岡社長
    東レ100%出資のメーカー商社、東レインターナショナルは6月13日、グループ初となるアップサイクル事c
  4. 消費者庁
    ◎消費者庁、景品表示法に基づく法的措置概要を公表 消費者庁が公表した景品表示法に基づく法的措置概要c
  5. みそ汁・スープのやけどに注意
    6月11日に閣議決定された水産白書によると、2022年度における魚介類の1人1年当たりの消費量は22c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る