CI、医療・食品・正確な情報へのアクセス確保を要求

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、消費者団体の世界的組織「国際消費者機構」(CI、本部・ロンドン)はパンデミック禍での消費者保護を訴えた。感染症の危機に対抗するため、医療、食品、正確な情報、インターネット、金融へのアクセスの確保が最重要だと指摘し、これらの課題に取り組む各国消費者団体の最新動向について情報提供を開始した。

CIが各国100団体にアンケートしたところ、感染が広がる全地域では衛生用品・食料品などの生活必需品が不足したり、価格が高騰したりする状況になっているという。CIは生活に不可欠な製品やサービスへのアクセス確保とともに消費者を保護する取り組みが今こそ必要だと訴え、迅速な対策を呼びかけた。

CIはホームページ上で各国の消費者団体の最新動向を掲載。アジア地域では豪州のCHOICEやマレーシアのFOMCAによる「便乗値上げ防止キャンペーン」、香港消費者委員会の「ウイルスと共に戦うためのキャンペーン」などを紹介した。

CIは各国団体から寄せられた活動報告やコメントをホームページやSNSで随時更新していくとしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. U.S. PIRG
    ◎GAPやPVHが段階的廃止を表明 環境中で分解されにくいことから「永遠の化学物質」と呼ばれるPFc
  2. 欧州消費者同盟
    WHO(世界保健機関)欧州地域事務局が最新報告書を公表し、ヨーロッパにおける肥満の増加を警告した。こc
  3. 消費者庁
    ◎不当表示の放置3カ月 消費者団体は「売り得、買い損」と批判 大幸薬品(大阪府吹田市)は消費者庁のc
  4. ホワイトハウス
    ジョー・バイデン米大統領は5月16日、今月4日に上院を通過した「乳幼児の安全な睡眠法」に署名した。同c
  5. ごみ
    特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)の対象となる廃家電4品目(洗濯機、エアコン、テレビ、冷蔵c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る