【英国】ホンダが初のコードレス芝刈り機 消費者団体がレビュー

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ガーデニングが盛んな英国で、ホンダは同社初となるコードレス芝刈り機を発売した。消費者団体のWhich?は「コードレス化が進む芝刈り機の世界で、最後のビックブランドの一つが参入した」とコメントし、さっそく商品レビューをおこなった。軽量化を達成したが、最高価格な芝刈り機の一つだと分析している。

Izy HRG 416 XB

重いエンジンをリチウムイオンバッテリーに置き換えたホンダ初のコードレス芝刈り機。Izyシリーズで最も軽量となる

ホンダは自動車と同様、芝刈り機の世界でもビックブランドの地位を確立し、欧米での人気は高い。同社はこれまで、ガソリンエンジンを積んだ製品を販売していたが、今年、バッテリーを積んだコードレス芝刈り機「Izy HRG 416 XB」を英国でリリースした。

本体の重さは、ガソリンエンジンを積んだ同類機種と比べて5キロ軽い23キロ。バッテリーの種類にもよるが、駆動時間は20分間で、他社のコードレス製品とそん色のない水準だという。

小規模な芝生用の製品で、ボタンを押せば起動するため、ガソリンエンジンのようにコードを何度も引っ張る必要もない。ただしバッテリーや充電器は別売りで、すべてをそろえると784ポンドになる。最も高価なコードレス芝刈り機の一つだという。Which?は「コードレス製品はホンダの新たなモデルになる可能性がある」と期待する。

日本の消費者にとって芝刈り機はあまり馴染みのない製品カテゴリーだが、英国では低価格製品から有名ブランドまで熾烈な販売競争が繰り広げられている。有名ブランドとしてはホンダ以外にもボッシュ、マキタ、ヒュンダイ、ケルヒャーなどが参入しているという。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 消費者庁
    消費者庁は10月20日、22団体目となる適格消費者団体と、4団体目にあたる特定適格消費者団体を認定しc
  2. 豪州消費者団体Choice
    オーストラリアで植物由来の代替食品が台頭している。代替肉にとどまらず、ラザニア、ヨーグルト、コンデンc
  3. 自動車用タイヤの空気圧を監視する「TPMS」(タイヤ空気圧監視システム)。米国では2009年9月からc
  4. 国民生活センター
    国民生活センターは10月19日、カットパンを食べた1歳未満の乳児が死亡するなどの重大事故が起きたことc
  5. 冷凍食品の日
    日本冷凍食品協会は10月18日、東京都内で「10月18日は『冷凍食品の日』~べんりとおいしいのその先c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る